top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

TLC|"No Scrubs"を手掛けたエクスケイプのメンバーが振り返る。「この曲を渡したことは、これまでで最高の出来事だった」


Xscapeのメンバーが手がけた"No Scrubs"。「この曲を渡したことは、これまでで最高の出来事だった」

Xscapeのメンバーが手がけた"No Scrubs"


TLCが'99年にリリースした"No Scrubs"は、これまでのR&Bとは一線を画する近未来的なサウンドが話題を集め、2000年というミレニアムを迎えるに相応しい、正にR&B新時代の到来を予感させた歴史的な1曲。


No Scrubs

TLC

全米シングル・チャートを制したこの"No Scrubs"は、"Just Kickin' It"、"Who Can I Run To"などのヒットで知られる、女性R&BグループXscapeのメンバーKandi BurrussとTameka Cottleの2人がソングライターとして制作に携わった楽曲。


Who Can I Run To

Xscape

TLCと同じ'90年代にデビューしたXscapeは、'90年代に3枚のアルバムを残し、'98年に発表したサード・アルバム『Traces of My Lipstick』をリリース後に一時活動を停止。


Xscapeの活動がひと段落した'98年に、Kandi Burrussはインスピレーションを求めて女友達とドライブを楽しんでいた時、この数日前に友人であるShe'kspere("No Scrubs"のプロデューサー)から受け取っていた"No Scrubs"のトラックを聴いていたとのこと。


「NPR」の記事で、リリックも無し、メロディも無し、ただの音楽だけ。ドライブ中に最高のアイデアが思い浮かぶから、車の中でトラックを聴くのが好きと、当時の様子を振り返ったKandi Burruss。


Kandi Burrussと友人は、当時交際していたボーイフレンドの陰口を言い合い、Kandi Burrussはトラックに合わせてフリースタイルを始め、その流れで「ダメ男批判曲」である"No Scrubs"の原型が生まれたのだとか。


そして、このアイデアをXscapeのメンバーTameka Cottleに共有してデモを録音。


当初は、Xscapeの今後のプロジェクトとして、"No Scrubs"を制作したとのこと。



「"No Scrubs"をTLCに渡したことは、恐らくこれまでで最高の出来事だった」


グループが活動停止状態だったとはいえ、TLC, SWV, En Vogueらと並び、'90年代に最も成功した女性R&Bグループとして知られるXscapeだっただけに、Kandi BurrussとTameka Cottleが自分達用の曲として"No Scrubs"を制作するのは当然の流れ。


しかし、作られたデモ音源が関係者に渡っていく中、この曲がL.A. Reidの耳に留まり、Kandi Burrussは「Entertainment Weekly」の記事で当時の様子を次のようにコメント。

「L.A. Reidは、TLCに"No Scrubs"を歌わせることにこだわっていた」

L.A. Reidの他にも、この曲に大いなる可能性を感じた周囲の人々から、Xscapeよりもっと大きなグループへ渡すべきだと説得されたというKandi BurrussとTameka Cottle。


TLCと同じ時代に凌ぎを削り合っていたXscapeだけに、当初はこの意見に当然反対したようですが、最終的にはTLCへと渡されることになった"No Scrubs"。


ちなみに、Kandi Burrussは他者へ楽曲提供をしたいと常々考えていたようですが、L.A. Reidからこの曲を君のキャリアで最大のレコードにすると言われた時、内心ではXscapeはいくつかのビッグ・ヒットを持っている。あなたが何と言おうとと、やはり当初はXscapeの曲として自分達が歌おうと考えていたとのこと。

TLCではなく、もしXscapeが"No Scrubs"を歌っていたら?


もちろんXscapeの代表曲になっていたことは想像に難くないですし、もしかしたらTLC以上のヒットを記録したかもしれないものの、Xscpaeとして"No Scrubs"を歌うという自分達のプライドより、曲の可能性を優先させたKandi BurrussとTameka Cottle。


当時の心境を、「Bravo TV」の記事にTameka Cottleは次のようにコメント。

「"No Scrubs"をTLCに渡したことは、恐らくこれまでで最高の出来事だった。この曲が私にグラミー賞を与えてくれた。そして、私たちはただのアーティストではなく、グラミーを受賞したソングライターとして見られるようになったわ」

ソングライターという新しい一面で評価され、結果的に"No Scrubs"をTLCに渡したことが正解だったと振り返ったTameka Cottle。


「他者へ提供して大成功した最たる例」と言いたくなる、Kandi BurrussとTameka Cottleの潔さが生んだ劇的なストーリーでした。



"No Scrubs"をサンプリングするアーティスト達


自分をカッコいいと勘違いしている男性に対して使われる「Scrub」というスラング、つまり"No Scrubs"を一言で言うと「ダメ男はお断り」という意味。


「だから、私はあなたの電話番号なんていらないわ。私の番号も教えないし。


スクラブなんてお断り、スクラブは私からの愛を手に入れられないわ」

この「ダメ男批判曲」の"No Scrubs"に対して、以下の有名メディアは次のように絶賛。


「自分がデート出来る男性に対して、痛烈な批判を浴びせた曲」

Vibe (Natelege Whaley)


「スリンキーでアコースティックなR&Bスマッシュ」

Daily Record (John Dingwall)


「魅力の無い人と寝る気は無いと歌った史上最高の曲」

NME (Steve Chick)


リリースされた当初はその歌詞の内容から大きな批判が集まったものの、メンバーのChilliはこの曲について男性全般を批判した曲ではないと言及しており、あくまで「仕事をせずに他人に依存している男性へのバッシング」が題材とのこと。


そんな"No Scrubs"は'99年のビルボード年間シングル・チャートで2位にランクインし、まだ第42回グラミー賞「Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocal」を受賞するなど、結果的にはTLC最大のヒット曲に。


Billboard Year-End Hot 100 singles of 1999

1. Believe - Cher

2. No Scrubs - TLC

3. Angel of Mine - Monica

4. Heartbreak Hotel - Whitney Houston feat Faith Evans and Kelly Price

5. ...Baby One More Time - Britney Spears


また、Ed Sheeranが2017年に発表したシングル"Shape of You"が、TLC"No Scrubs"に似ているという比較を受け、Ed Sheeran側が後に"No Scrubs"のソングライター達を"Shape of You"のクレジットに追加したことでも話題となりました。


Ed Sheeran

Shape of You

TLCに影響を受けたアーティスト達が、この曲にオマージュを捧げた楽曲を発表しており、"No Scrubs"をサンプリングした注目の楽曲をセレクトしました。


ちなみに、TLCが"No Scrubs"をTVで世界初披露したのは、日本の音楽番組「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」だったとのこと。

 

David Correy

All Eyes on Me


Rola

Blender


Derek King

Found You


Doechii

What It Is feat. Kodak Black


TLCの関連記事




タグ:

Comments


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page