top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Monica|"Before You Walk Out Of My Life"は、元々は別のアーティスト用の曲だった。

更新日:2023年12月10日


Monicaの名曲"Before You Walk Out of My Life"は、元々別のアーティストの為に描かれた楽曲だった

'90年代R&Bの名曲"Before You Walk Out Of My Life"


「あなたを傷付けたいわけじゃないの。ただ元に戻りたいだけ。


正しい道に進みたいだけ。あなたが私の前からいなくなってしまう前に (Before You Walk Out of My Life)」


恋人との関係がギクシャクしてしまうも、恋人を失ってしまう前に自分自身を変えようとする決意を歌った"Before You Walk Out of My Life"は、当時まだ14歳という初々しい年齢のMonicaが歌った、'90年代R&Bの名曲中の名曲。


Before You Walk Out of My Life

Monica

当時のチャートを振り返ると、"Don't Take It Personal (Just One of Dem Days)"や"Angel of Mine"の方が結果は上でしたが、「Monicaといえばやっぱり"Before You Walk Out of My Life"が1番」というファンは多いはず。


全米シングル・チャート

・Before You Walk Out of My Life - 最高7位

・Don't Take It Personal (Just One of Dem Days) - 最高2位

・Angel of Mine - 1位


そんな"Before You Walk Out of My Life"は、2Pac"Do For Love"、Whitney Houston"Heartbreak Hotel"などを手がけたデンマークのプロデューサー・チームSoulshock & Karlinがプロデュースした楽曲でしたが、実はこの曲、当初Monicaではなく別のアーティストの為に書かれた曲でした。



Toni Braxtonのセカンド・アルバム『Secrets』用に書かれた曲だった


"Before You Walk Out Of My Life"のソングライトを担当したAndrea Martinによると、この曲は元々Toni Braxtonのセカンド・アルバム『Secrets』の収録を目指して書かれた曲だったとのこと。


そしてこの曲をプロデュースしたSoulshockは、当時の様子を「YouKnowIGotSoul.com」のインタビューにて次のように答えています。

私はClive Davisに会ったけど(当時の[Arista Records]のトップ)、とても怖かった。何故なら、彼の為に曲をかけるといつも完全否定されるから。彼は『私のキャリアで聴いた曲の中で、最も酷い曲だ』と言い、Jam & Lewis, Babyface, Teddy Rileyらがプロデュースした曲をかけ始めた。ほとんどの人はこの時点で心が折れてしまうと思うから、彼はそれに対処出来るかテストしていたのだと思う。そしてもう1度彼の前で"Before You Walk Out of My Life"をプレイしたら、彼は『この曲を貰った!』みたいな雰囲気で、『Toni Braxtonがこの曲に興味を持っている』という感じを示した。Clive Davisは"Before You Walk Out of My Life"を求め、No.1ヒットになることを保証してくれた

周知の通り、結果的に"Before You Walk Out Of My Life"はToni Braxtonの曲としては採用されず、同じくSoulchock & Karlinが手がけた"I Love Me Some Him"がToni Braxtonのアルバム『Secrets』に収録され、Toni Braxtonの手から離れた"Before You Walk Out Of My Life"は、Monicaの元へと渡されたという経緯のようです。


I Love Me Some Him

Toni Braxton


関連記事



Comments


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page