top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Ne-Yo|デビュー前にドクター・ドレーと契約目前だったものの、ニーヨに「ある要素」が足りずに契約破棄に。


Ne-Yoは、何故Dr. Dreと契約できなかったのか?

Dr. Dreと契約目前だったNe-Yo


2006年に[Def Jam]から発表されたデビュー・アルバム『In My Own Words』で、いきなり全米アルバム・チャートを制したNe-Yo。


元々、Ne-Yoは[Def Jam]と契約する前に[Columbia Records]とアーティスト契約を結んでおり、Marques Houstonが2003年に発表した"That Girl"は、当初Ne-Yoのデビュー・シングルとしてリリースされる予定でした。



Marques Houston

That Girl

そんな[Columbia Records]との契約よりも前に、Ne-Yoとコラボレーション契約を結ぼうとした大物アーティストがおり、それがあのDr. Dreだったとのこと。


最終的にはDr. Dreとコラボレーション契約を結ぶことが出来なかったNe-Yoですが、「ある要素」がNe-Yoに足りなかった為に契約は白紙になってしまったそうです。



「彼は俺よりも少しフッドだったんだ」


早くからNe-Yoの才能に気が付いていたDr. Dreは、Ne-Yoとコラボレーション契約を結ぼうと考えていたものの、この時Ne-Yoの他にもう1人別のアーティストともコラボレーション契約の交渉を進めており、Dr. Dreはどちらか1人と契約する意向だったとのこと。


しかし、当時のNe-Yoが披露したソングライティング能力でDr. Dreの心を揺さぶることが出来ず、Dr. DreはNe-Yoではなくもう1人の候補者を選んだそうですが、当時の心境をNe-Yoは「Billboard」のインタビューに次のように語っています。

「結局、Dr. Dreは他の男と契約することを選んだ。彼の名前は思い出せないけど、彼は俺よりも少しフッドだったんだ」

「Hood(フッド)」とはヒップホップの世界ではよく使われるワードで、一般的には「地元」という意味で使われる一方、「ストリート」や「ギャング」的な意味合いで使われることも多いことから、ギャングスタ・ラップの第1人者であるDr. Dreの視点から見ると、ピアニストの母親、ベーシストの父親を持つ音楽優等生のNe-Yoは、少し「ストリートっぽさ」が足りなかったのかもしれないですね。


Dr. Dreとの契約が白紙になったことでNe-Yoはかなり落ち込んだそうですが、実はこの数分後にDr. Dreの右腕としても知られる音楽プロデューサーのScott Storchと出くわし、Dr. Dreがなんて言ったかは知らないけど、君はドープだよと、Scott StorchがNe-Yoの才能を後押し。

この時、Ne-YoはScott Storchが何者か知らなかったそうで、しかしScott Storchの誘いを受けて当時彼が仕事をしていた米フロリダ州マイアミに向かう決断をしたNe-Yo。


そこで取り掛かっていたのがR&BシンガーMarioの制作で、この時にNe-YoはScott Storchと共に3曲ほど制作を行ったとのこと。


そしてこの場所で制作していた楽曲こそ、Ne-Yoの名前を一躍有名にすることとなる"Let Me Love You"だったそうで、Scott Storchの誘いを受けて"Let Me Love You"を手がけることになったNe-Yoは、何か特別なことをしているということは分かっていたけど、これが上手くいくとは思ってもいなかったと、当時の心境を語っています。


もしNe-YoがDr. Dreとコラボレーション契約を結んでいたら、Marioの"Let Me Love You"も生まれなかったかもしれないし、Ne-Yoのキャリアも大きく変わっていたかもしれない。


Dr. Dreとの契約破棄は、R&Bシーンの歴史にとっても大きな転換点だったかもしれませんね。



Mario

Let Me Love You


Ne-Yoの関連記事





タグ:

Comments


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page