「"Can We Talk"は俺が歌う曲だった」Usherが衝撃の告白。

人生を変える1曲を、アナタに届けたい

  • R&B SOURCE編集部

「"Can We Talk"は俺が歌う曲だった」Usherが衝撃の告白。


Usherが歌う予定だった"Can We Talk"

シャイな男の子が、気になる女の子に意を決して「ちょっと話せないかな?僕は君の名前が知りたいんだ」と歌う、甘酸っぱいラヴ・ソング。


全米シングル・チャート最高9位を記録したTevin Campbellの名曲"Can We Talk"。


'90年代R&Bクラシックとしても愛さ続ける1曲ですが、実はこの"Can We Talk"をUsherが歌う予定だったと、Usher本人が衝撃発言。


「"Can We Talk"は元々俺が歌うはずの曲だったんだ」


Usherの為に用意された曲を、Tevin Campbellに

Bobby Brown"Every Little Step"、Johnny Gill"My My My"、Boyz Ⅱ Men"End of the Road"などを手がけたBabyfaceとL.A. Reid。彼らとアルバムを作りたいという理由で、デビュー時のUsherは彼らのレーベル[LaFace Records]と契約。


しかし、Usherが[LaFace Records]と契約した当時、BabyfaceとL.A. Reidの間には確執があり、両者は決別するかもという状況下。


事態に苛立っていたBabyfaceは、元々Usherの為に用意されていたアルバム音源を丸ごとTevin Campbellに渡してしまったとのこと。その音源の中に、"Can We Talk"も含まれていたということです。


鳴り物入りで業界入りしたUsher。しかし、当時そのポテンシャルはまだ未知数。加えて、変声期を迎えていたUsherは当時思うように歌うことが出来ず、後にL.A. Reidは「Usherを解雇したいと思っていた」と語っていたようです。


この話の言い分はそれぞれあるかと思いますが、ある程度時間が経過した後にUsher自身がこの話を持ち出したということが、Usherにとっても"Can We Talk"という曲がいかに特別だったかということを裏付けるエピソードですね。


Tevin Campbell (テヴィン・キャンベル)

Can We Talk



関連記事

'90年代R&Bの名曲!Tevin Campbell"Can We Talk"のカヴァー/サンプリング曲特集。

0回の閲覧
チルアウト・ソング特集
エロい洋楽のPV
お洒落な洋楽特集
ランキングTOP20
"Say So"の人気が爆発
日本のR&B
アップテンポな洋楽
'90年代R&Bの名曲
韓国のR&B
スロウ・バラード特集
Show More

––– 私たちにできること

世界中の素晴らしい音楽を紹介する

​ただそれだけです

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

 © 2020 rnbsource.com All Rights Reserved.