top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Marques Houston|メロウR&B"That Girl"は、B2Kのアルバム収録候補だった。


Marques Houstonの"That Girl"は、B2Kのアルバム収録候補だった。

B2Kのアルバム収録候補だった"That Girl"


R&BグループImmatureのメンバーとして'90年代にデビューしたMarques Houstonは、2000年代に入るとソロ活動をスタートさせ、2003年リリースのシングル"That Girl"でソロ・デビュー(英国でのデビュー・シングルは"Clubbin'")。


「もし、俺があの子を自分のものにしたいなら、俺はあの子と一緒になるよ。


でも俺が必要なのはあの子じゃない。あの子は素敵だけど、あの子が何をしてもお前以上の存在にはなれない」


デート中に、すれ違った女の子を見たら彼女に怒られ、「俺があの子を気になっているわけがない、本命はお前だけ」という内容を歌った1曲で、2000年代のR&Bシーンを代表するスムースR&Bの傑作。


実はこの"That Girl"は、当初B2Kのアルバム収録候補だったとのこと。


That Girl

Marques Houston

"That Girl"は、デビュー前のNe-Yoがソングライターとして制作に参加した楽曲ですが、当時[Columbia Records]と契約していたNe-Yo本人が、この"That Girl"でデビューする予定だったというのは有名な話。


しかし、[Columbia Records]時代はNe-Yoの才能が開花せず、Ne-Yoが歌う"That Girl"のデモ音源は残されたものの、結局Ne-Yo名義でのリリースは白紙に。

Ne-Yoの手から離れた"That Girl"は、その後B2Kが歌うという計画があったとのことで、B2Kのアルバム収録候補に選ばれたものの、結局B2Kのアルバムにフィットしないということで、こちらの計画も白紙に。


最終的に、"That Girl"を気に入ったというMarques Houstonが歌うこととなり、後にMarques Houston自身もとてもラッキーだったとコメント。


そんな"That Girl"は、全米シングル・チャート最高63位という記録を残し、また"That Girl"を収録したMarques Houstonのデビュー・アルバム『MH』は、全米アルバム・チャート最高18位という記録を残しました。


MH

Marques Houston



P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page