top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Aaliyah|ティンバランドが、"Try Again"のトラックは偶然作成されたものだったと明かす。

更新日:2月5日


Timbalandが、Aaliyah"Try Again"のトラックが偶然作成されたものだったと明かす。

偶然作成されたという"Try Again"のトラック


自身初となる全米シングル・チャート1位を達成した、Aaliyah不動の人気Nol.1ソングの"Try Again"。


2000年3月にリリースされたこの曲は、ミレニアムな時代を迎えるに相応しい、その先鋭的なサウンドで大きな話題を集めましたが、この曲を制作したTimbalandは「I AM HIP-HOP」のポッドキャストで次のようにコメント。

「"Try Again"を制作している時、俺はゾーンに入っていて、俺にとっての新しいヒット曲が出来たような感じだった。ベースラインを見つけた時にキーボードで弾いてみたんだけど、俺はミスしたんだ。それをエンジニアのJimmy Douglassが聴いていて、彼に『今の小さなリズムをキャッチした?』と聞いたら、彼は『もちろん気付いたよ』と答えた。俺がミスして弾いた部分を彼が見つけて、その後にビートを加えたんだ」

Try Again

Aaliyah



元々はラブ・ソングではなかった"Try Again"


「私を手に入れる為に何をするつもり?


どんな言葉を言って、思い通りにしようとしているの?


諦めるの?もう一度トライする?


もし私が躊躇わずにあなたを受け入れたら、あなたは素直になれるの?役割を果たせる?


友達に言いふらす?それとも秘密にしておく?


私がノーって言ったら、あなたは逃げるの?


それとも私のせいにする?それかこのまま頑張るの?


もし最初から上手くいかなくても、自分でホコリを振り払って、もう一度トライすればいい。


何度でも、諦めないで」


「私と一緒になりたいなら、失敗しても諦めないで、何度でもトライすればいい」という、恋愛における駆け引きをテーマに歌った"Try Again"。


同じく「I AM HIP-HOP」にてTimbalandが語った内容によると、当初は「私は消防士にでも弁護士にでもなれる」というような自己啓発的な歌詞だったものの、Aaliyahの叔父で、Aaliyahの所属レーベル[Blackground Records]の創設者であるBarry Hankersonが、「それじゃ説教臭い。もっと楽しい歌詞にするべきだ」とダメだしし、メロディやフックはそのまま残して、歌詞の内容を書き換えたとのこと。


"Try Again"の作詞を担当したのはTimbalandとStatic Majorの2人で、彼らはGinuwineの"Pony"を筆頭に、数々のR&Bヒットを世に送り出した黄金タッグ。


Pony

Ginuwine

Barry Hankersonの助言も功を奏し、"Try Again"は第43回グラミー賞「Best Female R&B Vocal Performance」にノミネートされるなど、Aaliyah最大のヒット曲に。


全米シングル・チャート

1位


全米R&B/ヒップホップ・ソングス・チャート

最高4位


ビルボード年間シングル・チャート

12位


グラミー・ノミネート

第43回「Best Female R&B Vocal Performance」


ちなみに、Timbalandが"Try Again"を制作していた時にJay-Zがスタジオに現れ、この曲を聴いたJay-Zは「Oh my god」という感じで、驚きを隠せなかったとのこと。


Aaliyahの関連記事








タグ:

P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page