top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

D'Mile▶︎▶︎引退を考えていたものの、ラッキー・デイと組んでグラミー・プロデューサーに。そして始まったシルク・ソニック伝説。


D'Mileの母親は、ハイチで名を馳せたシンガーYanick Etienne

10年以上楽曲を作り続け、既にベテランのポジションに位置する米ニューヨーク市ブルックリン出身の音楽プロデューサーD'MileことDernst Emile II。


ビッグ・ネーム達にヒット曲を提供し続けるEric BellingerやHitmakaとほぼ同世代ながら、彼らと比較するとやや知名度が劣りがちだったD'Mileも、2020年のグラミー賞をキッカケにその状況が一変しました。


D'Mileの母親は、カリブ海に位置するハイチで名を馳せたシンガーYanick Etienneということで、彼の音楽人生はその恵まれた家庭環境からスタート。

D'Mileが幼少期の頃はベビーシッターがいなかった為、Yanick Etienneに連れられて度々スタジオで過ごしていたとのこと。


スタジオ内ではこのボタンは何に使うの?など度々エンジニアを質問していたと、「Genius」のインタビューに答えていたD'Mile。


早くから音楽制作に興味を持ち始め、ラジオから流れてくる曲が気に入ればその都度自分で曲を作り直したりし、また何故その曲がヒットしたかなどを分析していたそうです。


そしてD'Mileが10代後半の年齢にさしかかる頃、自身のデモ・テープが同郷のレジェンド・グループFull Forceの手に渡ったことがキッカケとなり、Full Forceと共にRihanna"That La, La, La"(2005)を手がけた事で、プロデューサーとしての活動を本格的にスタートさせていくこととなりました。


Rihanna

That La, La, La

引退を考えていたD'Mile

Rihanna"That La, La, La"を手がけた後に、同年の2005年末にリリースされたMary J. Bligeのアルバム『The Breakthrough』収録曲"Gonna Breakthrough"のプロデュースしたD'Mileは、その後大ファンだったというRodney Jerkinsの弟子として彼の元で約2年間制作を共にすることとなります。


Mary J. Blige

Gonna Breakthrough

Rodney Jerkinsの元で、Janet Jackson"Feedback"、"LUV"と、彼女のアルバム『Discipline』からのシングル曲を手がけ、その他にもJustin Bieber"Favorite Girl"、Joe"E.R. (Emergency Room)"などヒット曲を次々と生み出したものの、彼自身にスポットライトが当たることが少なく、一時期は音楽ビジネスを辞めて引退も考えていたとのこと。


しかし、'70年代ファンクを取り入れたChildish Gambinoの“Redbone”が、第60回グラミー賞にて「Best Traditional R&B Performance」を受賞した背景を見て、これが上手くいくなら、俺がやりたいのはこのサウンドだと一念発起。


Childish Gambino

Redbone

「Rolling Stones」のインタビューにて当時の俺は、他の全ての人にうんざりしていたと語っていますが、時を同じくして同じ思いで葛藤していたシンガー/ソングライターがいました。


それが、Ne-YoやKeith Sweatらの楽曲を手がけたものの、その素晴らしい才能にあまり注目が集まらなかったLucky Daye。


D'MileとLucky Dayeはタッグを組み、当時の心境を同インタビューにて以下のように語っています。

Lucky Dayeも辞める準備は出来ていた。だから、俺にとっても彼にとってもこれが最後のチャンスだった。


『誰かに認められる為じゃない、俺たちがやりたい事をやろう』そんな想いで作った


D'mileが全面プロデュースしたLucky Dayeのアルバム『Panited』には、2人がやりたかった時代を超越したタイムレスなオールド・ソウルを再現したサウンドを盛り込み、2017年には全て録り終えていたとのこと。


Lucky Daye

Painted

最終的に2019年にリリースされることとなった『Painted』は、2020年に行われた第62回グラミー賞にて「Best R&B Album」にノミネートされ、Lucky Dayeは全4部門にノミネート。


また、D'Mileは同グラミー賞にて「Best R&B Song」にノミネートされたH.E.R."Could've Been"も手がけていたことから、一夜にしてトップ・プロデューサーとしてスポットライトを浴びることとなりました。


H.E.R.

Could've Been feat. Bryson Tiller

「過去最高のプロデューサーだ」

これまでに幾度となく仕事を共にしてきたTy Dolla $ignは、今まで仕事をしてきた中で、過去最高のプロデューサーだとD'Mileの才能を絶賛。


Lucky Daye『Painted』の大成功をきっかけに、D'Mileの元には次々とトップ・アーティスト達からの制作依頼が殺到しますが、あの超大物アーティストもD'Mileのサウンドの虜になっていました。


それが、あのBruno Mars。


Lucky Daye『Painted』に心を奪われたBruno Marsは、共通の友人であるJames Fauntleroyに連絡を取り、D'MileとBruno Marsは急接近。


これはコロナ・パンデミックが起こる前の出来事のようで、それから制作を共にした両者は、Bruno Marsの意向である「'70年代のサウンドをもう一度」というコンセプトを取り入れた"Leave The Door Open"を発表。



Bruno Mars, Anderson .Paak, Silk Sonic

Leave the Door Open

全米シングル・チャート1位を記録したこの"Leave The Door Open"誕生の瞬間こそ、D'Mileの才能に時代が追いついた1つの大きな節目となったのではないでしょうか。


そして、世界中が待ち望んだSilk Sonicのアルバム『An Evening With Silk Sonic』が2021年11月に発表され、アルバム収録曲の内"Put on a Smile"以外は全てD'Mileがプロデュースを担当しました。


Bruno Mars, Anderson .Paak, Silk Sonic

An Evening With Silk Sonic

決して遅咲きではないものの、自分自身の直感に従った事で生き返った実力派プロデューサーD'Mileが手がけた注目曲をピックアップしました。


ちなみに、Bruno Marsが提供した事で大きな話題となった、嵐のシングル"Whenever You Call"の作詞作曲を担当したのも、このD'Mileです。

 

1. Roll Some Mo

Lucky Daye


2. Karma

Lucky Daye


3. Real Games

Lucky Daye


4. Falling in Love feat. Joyce Wrice

Lucky Daye


5. Skate

Bruno Mars, Anderson .Paak, Silk Sonic


6. Smokin Out the Window

Bruno Mars, Anderson .Paak, Silk Sonic


7. LA feat. Kendrick Lamar, Brandy & James Fauntleroy

Ty Dolla $ign


8. Way Back feat. Snoop Dogg

TLC


9. Pink City

Pink Sweat$


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page