• R&B SOURCE編集部

D'Mile▶︎▶︎引退を考えていたものの、ラッキー・デイと組んでグラミー・プロデューサーに。


今まで仕事をしてきた中で、過去最高のプロデューサーだ

Eric BellingerやHitmakaらとほぼ同世代。


関連記事: サンプリングならこのHitmakaにお任せ。過去のR&Bを再現させる手腕は天下一品。


10年以上楽曲を作り続け、既にヴェテランのポジションに位置する米ニューヨーク市ブルックリン出身のD'MileことDernst Emile II。


他のプロデューサーと比較するとやや知名度が劣りがちだった彼も、2020年のグラミー賞をキッカケにその状況が一変しました。


D'Mileが10代の頃、自身のデモ・テープが同郷のレジェンド・グループFull Forceの手に渡ったことがキッカケで、Full Forceと共にRihanna"That La, La, La"を手がけた事でチャンスを獲得。


後にRodney Jerkinsの弟子として彼の元で約2年間制作を共にしたD'Mileは、Janet Jackson"Feedback"、"LUV"と、彼女のアルバム『Discipline』からのシングル曲を手がけ、その他にもJustin Bieber"Favorite Girl"、Joe"E.R. (Emergency Room)"などヒット曲を次々と生み出したものの、彼自身にスポットライトが当たることが少なく、一時期は音楽ビジネスを辞めて引退も考えていたとのこと。


しかし、'70年代ファンクを取り入れたChildish Gambinoの“Redbone”が、第60回グラミー賞にて「Best Traditional R&B Performance」を受賞した背景を見て、「これが上手くいくなら、俺がやりたいのはこのサウンドだ」と、一念発起。


「Rolling Stones」のインタビューにて当時の俺は、他の全ての人にうんざりしていたと語っていますが、Ne-YoやKeith Sweatの楽曲を手がけながらも、同じ思いで葛藤していた当時まだ無名だったLucky Dayeと組んだD'Mileは、当時の心境を同インタビューにて以下のように語っています。


Lucky Dayeも辞める準備は出来ていた。だから、俺にとっても彼にとってもこれが最後のチャンスだった。


『誰かに認められる為じゃない、俺たちがやりたい事をやろう』そんな想いで作った


D'mileが全面プロデュースしたLucky Dayeのアルバム『Panited』には、2人がやりたかったオールド・ソウルを再現したサウンドを盛り込み、2017年には全て録り終えていたとのこと。


関連記事: ホームレス、オーディション落選を経て、グラミーにノミネートされた叩き上げアーティストLucky Daye。


2019年にリリースされた『Painted』は、2020年に行われた第62回グラミー賞にて「Best R&B Album」にノミネートされ、Lucky Dayeは全4部門にノミネート。


また、D'Mileは同グラミー賞にて「Best R&B Song」にノミネートされたH.E.R."Could've Been"も手がけていたことから、一夜にしてトップ・プロデューサーとしてスポットライトを浴びることとなりました。


これまでに幾度となく仕事を共にしてきたTy Dolla $ignは、「今まで仕事をしてきた中で、過去最高のプロデューサーだ」とD'Mileの才能を絶賛。


決して遅咲きではないものの、自分自身の直感に従った事で生き返った実力派プロデューサーD'Mileが手がけた注目曲をピックアップしました。


ちなみに、Bruno Marsが提供した事で大きな話題となった、嵐のシングル"Whenever You Call"の作詞作曲を担当したのも、このD'Mileです。


1. Roll Some Mo

Lucky Daye

produced by D'Mile

2. Karma

Lucky Daye

produced by D'Mile

3. Real Game

Lucky Daye

produced by D'Mile

4. Falling in Love feat. Joyce Wrice

Lucky Daye

produced by D'Mile

5. Leave the Door Open

Bruno Mars, Anderson .Paak, Silk Sonic

produced by D'Mile, Bruno Mars

6. Whoa

Snoh Aalegra

produced by D'Mile

7. LA feat. Kendrick Lamar, Brandy & James Fauntleroy

Ty Dolla $ign

produced by Ty Dolla $ign, D’Mile, Marlon “Chordz” Barrow

8. Way Back feat. Snoop Dogg

TLC

produced by D'Mile

9. Pink City

Pink Sweat$

produced by D’Mile, John Hill, Pink Sweat$

関連記事: ゴツいのにピンク好き。Pink Sweat$のこのギャップに女子が萌えています。

10. My Girl feat. Trevor Jackson

Diggy

produced by D'Mile

11. Jaguar

Victoria Monét

produced by D'Mile, Deputy

関連記事: Ariana Grandeの親友Victoria Monétは、歌もダンスも作曲も超一流。そして美貌も兼ね備えたパーフェクト・ウーマン。

12. New Love

Victoria Monét

produced by D'Mile

13. Beginning

Alina Baraz

produced by D'Mile

14. That's On You

Joyce Wrice

produced by Sol Was, D’Mile, Austin Daniel Brown

関連記事: 日本の血を引く歌姫Joyce Wrice。'90年代R&Bに影響を受けた魅惑の世界観。

15. Movin' On feat. Anderson .Paak

India Shawn

produced by D'Mile

16. Forever Valentine

Charlie Wilson

produced by Bruno Mars, The Stereotypes, D’Mile

17. LUV

Janet Jackson

produced by Rodney Jerkins, D'Mile

18. Overrated

Eric Bellinger

produced by D'Mile

関連記事: Chris Brown, Usherの代表曲を手がけたR&B界のヒットメイカーEric Bellinger。



▶︎次のページに進む
関連記事

「R&Bは死んでいない」ヴェテラン・プロデューサーTroy Taylorが作り続ける、時代に左右されない正統派R&B。

裏方から表舞台へ。あのヒット曲を手がけた実力派ソングライター達。

R&B界のゴッド。Teddy Rileyのプロデュース/リミックス・ワーク特集。

▶︎TOPICS

1
2

▶︎R&B

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

About         Privacy Policy

 © 2021 rnbsource.com All Rights Reserved.

人生を変える1曲を届けたい