top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Silk Sonic▶︎▶︎ある日本人演奏者が参加していた"Leave the Door Open"。その人物とは一体何者?

更新日:2022年2月3日


silk sonic leave the door open bruno mars anderson paak
音速で世界中に衝撃をもたらしたSilk Sonic

2010年代以降の音楽シーンをリードするBruno Mars, あらゆる楽器を自在に使いこなすマルチ・ミュージシャンAnderson .Paak。


グラミー賞でもお馴染みの両者が突如Silk Sonicというユニットの結成を発表し、彼らのシングル"Leave the Door Open"の衝撃が、ユニット名通り音速で世界中へと広まったのが2021年3月5日。


Silk Sonicが結成された経緯は、2017年にBruno Marsが世界規模で行なった「24K Magic World Tour」の前座にAnderson .Paakが抜擢されたことがきっかけとなり、ツアーのオフの日に共同で曲作りを行うなどして意気投合していった両者が、そのままSilk Sonicを結成したというのが大まかな流れ。


そんなSilk Sonicが披露した"Leave the Door Open"は、「'70年代のサウンドをもう一度」というコンセプトを掲げた'70年代風のスウィート・ソウルで、プロデュースはLucky Dayeの相棒として知られる売れっ子プロデューサーD'Mileが担当しています。



何をしているの?どこにいるの?


予定はあるの?そんなことは言わないでくれよ。


さぁ、一緒に踊ろう。そしてこの愛を一緒に深めよう。


俺の言葉は、ストレートに心から出てくるんだ。俺の腕に抱かれたいなら、


ドアを開けておくよ(Leave the Door Open)、開けたままにしておくよ


Leave the Door Open

Bruno Mars, Anderson .Paak, Silk Sonic

'70年代を意識したレトロな質感のMVも話題となり、当然のごとく全米シングル・チャート1位を記録。


Anderson .Paakにとってはこの曲が自身初の全米シングル・チャートを制した曲となりました。


ちなみに、Silk Sonicというユニット名は、"Silk Sonic Intro"に参加したファンク・ベーシストのBootsy Collinsが命名したとのことです。

Bootsy Collinsと言えば、Bobby Brown, Mariah Carey, TLCらの楽曲を手がけたR&B界の名プロデューサーKenneth Edmondsを「Babyface」と命名した張本人としても有名ですね(BabyfaceはBruno Mars『24K Magic』収録曲"Too Good to Say Goodbye"の制作メンバー)。



何かと話題の尽きないSilk Sonicの"Leave the Door Open"ですが、実はこの曲の演奏にある日本人奏者の方が参加していました。


Leave the Door Open (Live from the BET Awards)

Bruno Mars, Anderson .Paak, Silk Sonic



ヴィオラ奏者Yoshihiko Nakano氏が"Leave the Door Open"に参加

"Leave the Door Open"には、ポピュラー・ミュージックで通常使用されるピアノ、ドラム、ベース以外に、チェロ、ヴァイオリンといった複数の弦楽器奏者達による演奏が加えられており、その中で「ヴィオラ」というバイオリン属の弦楽器で参加する演奏者の1人に、ある日本人の名前がクレジットされていました。


それがYoshihiko Nakanoという人物。


Yoshihiko Nakano氏は、米ペンシルベニア州フィラデルフィアを拠点とするアメリカの室内管弦楽団「フィラデルフィア室内管弦楽団」の一員として、米国で活動する日本人ヴィオラ奏者とのこと。


音楽評論家/ライターの吉岡正晴氏の記事によると、Yoshihiko Nakano氏は主にクラシックに精通されている方のようで、レコーディングの日にスタジオで楽譜を渡された際に、この曲がBruno Marsの曲だということは知らされたそうですが、それ以上のことは何も知らないということで、吉岡正晴氏がYoshihiko Nakano氏に直接伺ったところリラックスしたセンスのいい曲だと思いましたという返答だったとのことです。


どのような流れでYoshihiko Nakano氏に演奏のオファーがいったにせよ、クラシック界でYoshihiko Nakano氏の名が通っていることは想像に難くないですし、何より話題のユニットの楽曲に日本人が関与しているということは、非常に嬉しい話題ですね。


ちなみに、Yoshihiko Nakano氏はSilk Sonicの"Smokin Out the Window"にもヴィオラの演奏で参加しています。



Smokin Out the Window

Silk Sonic



Comentarios


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page