top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Brandy▶︎▶︎チャートで振り返る、ブランディの名曲ランキングBEST 10。


brandy ブランディ 名曲 ランキング
チャートで振り返るBrandyの名曲ランキングBEST 10

Aaliyahと同じ15歳の時にアルバム・デビューし、これまでに発表してきたスタジオ・アルバムは、全て全米アルバム・チャートでトップ20入りを果たしているR&BシーンのトップランナーBrandy。


シンガーとしてのみならず、プロデューサー、女優、としての顔も持ち、またSnoop Dogg, Nate Doggは彼女の従兄妹にあたり、弟Ray JもR&Bシンガーとして活躍し、娘Sy'Raiもシンガーとしてデビューするなど、Brandyを取り巻く身内関係も実に華やか。


今回は、全米シングル・チャートの結果をもとに、Brandyのベスト・ソングをランキング形式で振り返ってみました。

 

10. Missing You (1996)

Brandy, Tamia, Gladys Knight, Chaka Khan

全米シングル・チャート: 最高25位

映画「Set If Off」のサウンドトラック収録曲。


Anita Baker"I Apologize"を手がけたGordon ChambersとBarry J. Eastmondの2人が制作を担当。

 

9. Full Moon (2002)

Brandy

全米シングル・チャート: 最高18位

2002年リリースのサード・アルバム『Full Moon』の表題曲。


プロデュースはMike Cityが担当。

 

8. Almost Doesn't Count (1999)

Brandy

全米シングル・チャート: 最高16位

第42回グラミー賞「Best Female R&B Vocal Performance」にノミネート。


Rodney Jerkinsの弟Fred Jerkins IIIが手がけた感傷的なスロウ・ジャム。

 

7. Brokenhearted feat. Wanya Morris (1995)

Brandy

全米シングル・チャート: 最高9位

Boyz Ⅱ MenのWanya Morrisを迎えた名デュエット・ソング。


この曲で共演した2人は、当時恋仲に発展。

 

6. What About Us? (2002)

Brandy

全米シングル・チャート: 最高7位

「風変わりなハイテク・ビート」を意図し、ゲーム・チェンジャーを目論んだ1曲。


Brandyのこの意図を見事に汲み取ったのが、プロデューサーのRodney Jerkins。

 

5. I Wanna Be Down (1994)

Brandy

全米シングル・チャート: 最高6位

Keith CrouchとKipper Jonesが手がけたBrandyのデビュー曲。


当時のBrandyはこの曲は好きだったけど、私を知ってもらうための最初の曲は、この曲じゃないと思ったと思っていたとのこと。

 

4. Baby (1995)

Brandy

全米シングル・チャート: 最高4位

デビュー・アルバムの中で最高位を記録したBrandyのセカンド・シングル。


"I Wanna Be Down"同様、Keith CrouchとKipper Jonesが制作を担当し、Rahsaan Pattersonもソングライターとして参加。



3. Sittin' Up in My Room (1996)

Brandy

全米シングル・チャート: 最高2位

映画「Waiting to Exhale」のサウンドトラックに収録された、BabyfaceプロデュースのメロウR&B。


Brandyと同い年のAaliyahが残した"Age Ain't Nothing But a Number"がインスパイア源だったとのこと。

 

2. Have You Ever? (1998)

Brandy

全米シングル・チャート: 最高1位

ソロ曲として、全米シングル・チャート制覇した唯一の楽曲。


Diane Warrenが書き、David Fosterがプロデュース。

 

1. The Boy Is Mine (1998)

Brandy & Monica

全米シングル・チャート: 最高1位

当時人気が絶頂だったBrandyとMonicaの共演により、全米シングル・チャート13週連続1位を記録した歴史的名曲。


しかし、この曲をきっかけに2人の関係は泥沼化することに。

 
Brandyの関連記事




Kommentare


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page