top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

R&Bランキング|決定版。1位はどの曲?'90年代洋楽ベスト30。

更新日:2月19日


チャートの結果で振り返る、90年代R&Bランキング・ベスト30

'90年代の洋楽R&Bベスト30


TLC, Blackstreet, Boyz Ⅱ Men, Mariah Careyがデビューした'90年代。


素晴らしいアーティスト達が互いの才能をぶつけ合い、歴史に残る名R&Bが無数に誕生した時代でした。


この記事では以下のデータを元に、'90年代R&Bのベスト30曲をランキング形式で振り返ってみました。


・全米シングル・チャート

・全米R&B/ヒップホップ・ソングス・チャート

・ビルボード年間シングル・チャート

・グラミー受賞数

・グラミー・ノミネート数

 

30位

I Love Your Smile (1991)

Shanice

湾岸戦争の兵士を勇気付ける為に作られた楽曲。全米シングル・チャート2位という結果は、Shaniceの全シングルの中で最高位。


全米シングル・チャート

最高2位


全米R&B/ヒップホップ・ソングス・チャート

1位


'92年ビルボード年間シングル・チャート

11位


グラミー・ノミネート

第35回「Best R&B Vocal Performance, Female」

 

29位

Too Close (1997)

Next

Brandy & Monica"The Boys is Mine"やK-Ci & JoJo"All My Life"などを抑え、'98年のビルボード年間シングル・チャート1位という快挙を達成。プロデュースはヒップホップ・グループNaughty By NatureのKay Geeが担当。


全米シングル・チャート

1位


全米R&B/ヒップホップ・ソングス・チャート

1位


'98年ビルボード年間シングル・チャート

1位

 

28位

This Is How We Do It (1995)

Montell Jordan

デビュー・シングルでいきなり全米シングル・チャートを制したMontell Jordanの最高傑作。Slick Rick"Children's Story"のトラックをサンプリング。


全米シングル・チャート

1位


全米R&B/ヒップホップ・ソングス・チャート

1位


'95年ビルボード年間シングル・チャート

10位


グラミー・ノミネート

第38回「Best Male R&B Vocal Performance」



27位

Dreamlover (1993)

Mariah Carey

全米アルバム・チャート1位を記録したMariah Careyのサード・アルバム『Music Box』からのシングル曲。Mary J. Blige"You Remind Me"などを手掛けたDave "Jam" Hallがプロデュースを担当。


全米シングル・チャート

1位


全米R&B/ヒップホップ・ソングス・チャート

最高2位


'93年ビルボード年間シングル・チャート

8位


グラミー・ノミネート

第36回「Best Pop Vocal Performance, Female」

 

26位

Hero (1993)

Mariah Carey

"Dreamlover"と同じアルバム『Music Box』からのシングル曲。元々はMariah Carey用の曲ではなく、Gloria Estefanに歌ってもらうことを想定して作られた楽曲。


全米シングル・チャート

1位


全米R&B/ヒップホップ・ソングス・チャート

最高5位


'94年ビルボード年間シングル・チャート

5位


グラミー・ノミネート

第37回「Best Female Pop Vocal Performance」

 

25位

Don't Let Go (Love) (1996)

En Vogue

En Vogueのサード・アルバム『EV3』からのシングル曲。Monica"Before You Walk Out of My Life"などを手掛けたAndrea Martinがソングライトを担当。


全米シングル・チャート

最高2位


全米R&B/ヒップホップ・ソングス・チャート

1位


'97年ビルボード年間シングル・チャート

7位


グラミー・ノミネート

第39回「Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocal」

 

'90年代R&Bの関連記事







P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page