top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

90's R&B|別のアーティストが歌っていたかもしれない「あの名曲」

更新日:3月4日


別のアーティストが歌っていたかもしれない'90年代R&B

別のアーティストが歌っていたかもしれない「'90年代のR&B」


誰もが知るあの有名曲は、元々別のアーティストの為に作られ、別のアーティストが歌っていたかも?


・アーティストが断ったパターン

・アルバムの方向性と異なり採用されなかったパターン

・曲の可能性を感じてもらえなかったパターン


当初の予定から変更を余儀なくされた経緯は様々ですが、元々提供する予定だったアーティストに断られ、別のアーティストが歌うことになった'90年代R&Bをセレクトしてみました。

 

Originally Written for

Toni Braxton

Monica - Before You Walk Out of My Life

Soulchock & Karlinが、Toni Braxtonのアルバム『Secret』用に作ったとされる"Before You Walk Out of My Life"。


結果的にToni Braxtonはこの曲を歌わず、『Secret』にはSoulchock & Karlinプロデュース曲の"I Love Me Some Him"が収録。

 

Originally Written for

Usher

Tevin Campbell - Can We Talk

Usherの為に用意されていた"Can We Talk"を、BabyfaceがTevin Campbellに渡してしまったとUsherが暴露。


当時BabyfaceとL.A. Reidの関係が悪化し、その状況に苛立ったBabyfaceがやけになってTevin Campbellに渡してしまったとのこと。

 

Turned Down by

Midnight Star

Bobby Brown - Every Little Step

"Curious"で知られるMidnight Starの為に作ったものの、この曲はヒットしないと言われてBobby Brownの元へと渡った"Every Little Step"。


しかし、Bobby Brownも当初はこの曲を好きじゃなかったと告白。



Originally Written for

Choice

Destiny's Child - Stay

Destiny's Childのセカンド・アルバム『The Writing's on the Wall』に収録され、Daryl Simmonsがプロデュースしたスロウ・ジャム"Stay"は、元々P!nkが所属していたガールズ・グループChoiceが歌っていた曲。


Choiceが'98年にリリースする予定だったアルバムにこの"Stay"が収録されていたものの、結局アルバムは正規リリースされることなくお蔵入りに。

 

Turned Down by

Anita Baker

Babyface - Give U My Heart feat. Toni Braxton

"Give U My Heart"以外にも、Toni Braxtonのデビュー・アルバムに収録されたシングル曲の大半は、Anita Bakerに歌ってもらうことを想定して作られたとのこと。


Anita BakerがBabyfaceらのオファーを断った理由は、当時Anita Bakerが妊娠していたから?

 

Originally Written for

Total

Faith Evans - You Used to Love Me

プロデューサーのChucky Thompsonが、R&BグループTotalの為に用意したという"You Used to Love Me"。


しかし、Faith Evansがこの曲を歌いたいと懇願してきた為、Faith Evansに提供したとのこと。

 

'90年代R&Bの関連記事







Comments


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page