top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

2010's R&B▶︎▶︎「あの名曲」は、元々別のアーティストが歌う予定だった?


2010 R&B 名曲

別のアーティストが歌っていたかもしれない「2010年代のR&B」


誰もが知るあの有名曲は、元々別のアーティストの為に作られ、別のアーティストが歌っていたかも?


・アーティストが断ったパターン

・アルバムの方向性と異なり採用されなかったパターン

・曲の可能性を感じてもらえなかったパターン


当初の予定から変更を余儀なくされた経緯は様々ですが、元々提供する予定だったアーティストに断られ、別のアーティストが歌うことになった2010年代R&Bをセレクトしてみました。

 

提供予定アーティスト: Cee Lo Green

Pharrell Williams - Happy

元々はPharrell WilliamsがCee Lo Greenに提供する予定だったという"Happy"。


Pharrell Williamsいわく、Cee Lo Greenは"Happy"のレコーディングを済ませ、自分の出来よりもCee Lo Greenの方が完成度が高かったとのこと。

 

提供予定アーティスト: Lupe Fiasco

B.o.B - Nothin' On You feat. Bruno Mars

元々はラッパーLupe Fiasco用の曲として作られた"Nothin' On You"。


しかしLupe Fiascoのリリックとパフォーマンスが「ダサい」と繰り返し酷評され、自殺を考えるほど追い詰められたとのこと。

 

提供予定アーティスト: Eminem

Wiz Khalifa - See You Again feat. Charlie Puth

映画「Fast & Furious 7 (邦題: ワイルド・スピード SKY MISSION)」のサウンドトラックに収録された"See You Again"は、元々はEminemにオファーされた楽曲。


しかし、当時のEminemは別の映画と契約を結んでいた為に、"See You Again"のオファーを断ったとのこと。



提供予定アーティスト: Missy Elliott

Jason Derulo - Talk Dirty feat. 2 Chainz

プロデューサーのRicky Reedが、Missy Elliottに提供する予定で作ったという"Talk Dirty"のビート。


しかし、この曲を先にレコーディングしたのがJason Deruloだったようで、Ricky Reedは彼はこの曲を素晴らしいものにしたとJason Deruloの才能を絶賛。

 

提供予定アーティスト: Katy Perry

Beyonce - Pretty Hurts

女性シンガー/ソングライターSia Furlerが、当初Katy Perryの為に用意し、その後Rihannaの元に渡るも、最終的にBeyonceが歌うことになった"Pretty Hurts"。


この曲をスルーしたRihannaは、同じくSia Furlerが手掛けた"Diamonds"を歌うことに。

 

提供予定アーティスト: Muni Long

K. Michelle - V.S.O.P.

K. Michelleのブレイクスルーとなった"V.S.O.P."は、元々Muni Long(当時のアーティスト名はPriscilla Renea)が歌う予定だったとのこと。


この曲をK. Michelleに横取りされたというMuni Longの主張に対し、K. Michelleの妹が私の姉はこの曲を素晴らしいものにしたと反論。

 

別のアーティストが歌っていたかもしれない「あの名曲」



Commenti


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page