top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Toni Braxton▶︎▶︎チャートで振り返る、トニ・ブラクストンの名曲ランキングBEST 10。


toni braxton 名曲 ベスト
チャートで振り返るToni Braxtonの名曲ランキングBEST 10

姉妹グループThe BraxtonsのメンバーとしてデビューしたToni Braxtonは、BabyfaceとL.A. Reidのレーベル[LaFace Records]から'93年にソロ・デビュー。


デビュー・アルバム『Toni Braxton』は全米アルバム・チャート1位という快挙を達成し、第36回グラミー賞にて「Best New Artist」を受賞するなど、'90年代にデビューした女性R&Bシンガーの中で脅威的とも言える圧倒的な結果を残したToni Braxton, ですが。


「光が強ければ影は濃くなる」という言葉の通り、ステージ上での華やかな活躍とは対照的に、プライベートでは破産、離婚、病気を経験するなど、紆余曲折な人生を歩むことに。


一時は引退も考えていながらも、自身が経験してきたことを糧に、力強くマイクを握り続ける姿は世界中のリスナー達に勇気を与え続け、デビュー以降常にシーンの最前線を走り続けるトップランナーの1人ですね。


今回は、全米シングル・チャートの結果をもとに、Toni Braxtonのベスト・ソングをランキング形式で振り返ってみました。

 

10. Just Be a Man About It (2000)

Toni Braxton

全米シングル・チャート: 最高32位

2000年リリースのアルバム『The Heat』からのシングル曲で、Bryan Michael Cox, Johnta Austinらが制作を担当。


公開されたMVには、Dr. Dreも出演。

 

Babyface

全米シングル・チャート: 最高29位

Babyfaceとの共演したこの曲でToni Braxtonはデビュー。


Eddie Murphy主演映画「Boomerang」のサウンドトラックに収録。

 

8. I Belong To You (1994)

Toni Braxton

全米シングル・チャート: 最高28位

第38回グラミー賞「Best Female R&B Vocal Performance」にノミネート。


両A面シングルとしてリリースされ、もう1曲は"How Many Ways"。

 

7. I Don't Want To (1997)

Toni Braxton

全米シングル・チャート: 最高19位

 

6. You Mean the World To Me (1994)

Toni Braxton

全米シングル・チャート: 最高7位

Whitney Houstonをイメージしたかのような、この美しいスロウ・ジャムを手掛けたのは、Babyface, L.A. Reid, Daryl Simmonsの3人。


米ビルボード「Hot R&B/Hip-Hop Songs」は最高3位。

 

5. Another Sad Love Song (1993)

Toni Braxton

全米シングル・チャート: 最高7位

キャリアで初めて全米シングル・チャートTOP10入りを果たしたシングル。


米ビルボード「Hot R&B/Hip-Hop Songs」は最高2位。

 

4. Breathe Again (1993)

Toni Braxton

全米シングル・チャート: 最高3位

デビュー・アルバム『Toni Braxton』の中では、この曲が最高位。


第37回グラミー賞「Best Female R&B Vocal Performance」受賞曲。



3. He Wasn't Man Enough (2000)

Toni Braxton

全米シングル・チャート: 最高2位

サード・アルバム『The Heat』からのファースト・シングルで、Rodney Jerkinsがプロデュース。


第43回グラミー賞「Best Female R&B Vocal Performance」受賞曲。

 

2. Un-Break My Heart (1996)

Toni Braxton

全米シングル・チャート: 最高1位

Toni Braxtonの全シングルの中で、YouTubeの再生回数はこの曲が圧倒的な1位。


米ビルボード「Hot R&B/Hip-Hop Songs」は最高2位。

 

1. You're Makin' Me High (1996)

Toni Braxton

全米シングル・チャート: 最高1位

Groove TheoryのBryce WilsonとBabyfaceがプロデュースし、第39回グラミー賞「Best Female R&B Vocal Performance」を受賞。


米ビルボード「Hot R&B/Hip-Hop Songs」は最高1位。

 
Toni Braxtonの関連記事



Comments


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page