top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Tevin Campbell▶︎▶︎デビュー作のレコーディングを「恐ろしい」と振り返る。その理由は「あることを制御できなかった」から。


tevin campbell
計8曲もシングルカットされたTevin Campbellのデビュー・アルバム

Quincy Jonesにその才能を認められ、'89年にQuincy Jones名義のシングル"Tomorrow (A Better You, Better Me)"でその清涼感溢れる美声を披露してデビューしたTevin Campbellは、当時まだ12歳という若さでした。



Quincy Jones

Tomorrow (A Better You, Better Me)

Quincy Jonesのシングルで圧倒的な美声を披露したTevin Campbellは「第2のMichael Jackson」と呼ばれ、'91年に待望のデビュー・アルバム『T.E.V.I.N.』を発表。


アルバムには、Quincy Jones, Prince, Narada Michael Walden, Al B Sure!, Arthur Bakerといった大物プロデューサー達が集結し、またアルバム収録曲の半数以上にあたる計8曲をシングル・リリースするという力の入れようで、全米シングル・チャートでトップ100入りをした楽曲は以下の6曲でした。


全米シングル・チャート

Round and Round - 12位

Just Ask Me To - 89位

Tell Me What You Want Me To Do - 6位

Goodbye - 85位

Strawberry Letter 23 - 53位

Alone With You - 72位


アルバム『T.E.V.I.N.』自体も、全米アルバム・チャートで最高38位を記録するなど、Tevin Campbellの名を印象付けるには十分な結果を残しましたが、この後の'94年に、Tevin Campbellはデビュー・アルバムをレコーディング中にある恐怖を感じていたと「Rolling Stone」の記事が伝えています。


あのレコーディングは恐ろしかった


T.E.V.I.N.

Tevin Campbell



「僕は自分の声をコントロール出来なかった」

Tevin Campbellは、師Quincy Jonesのレーベル[Qwest Records]と契約し、'90年代に発表した4枚のアルバム全てを同レーベルからリリースしましたが、レーベルとの契約当初に唯一懸念されていたのが、Tevin Campbellの「声」だったとのこと。


『T.E.V.I.N.』をレコーディングしていた際のTevin Campbellの年齢は14歳前後であった為、ちょうど「変声期」を迎える年齢。


Tevin Campbellは、「Rolling Stone」の記事に当時の状況を次のように語っています。


僕の声は日々変化していき、自分の声をコントロール出来なかった。


ある日は声が高くなり、別の日は声が低くなるかもしれない。


だから、僕達は曲を作り続けなければいけなかった


天才シンガーの名を欲しいままにしたTevin Campbellとは言え、これがデビュー・アルバムでの出来事ということで必要以上に強いプレッシャーを感じてしまい、結果的にそのプレッシャーが恐怖の感情にまで膨れ上がってしまったのかもしれないですね。


Tevin Campbellの関連記事


Comentarios


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page