top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Snoh Aalegra▶︎▶︎「彼女は私達のシャーデー」との比較に応答。「レジェンドを尊重して」


「Snoh Aalegraは私達のSade」

ファッション誌「VOGUE」のモデルもこなす見事なプロポーションを持つSnoh Aalegraは、スウェーデン出身のシンガー/ソングライター。


これまでにDrake, Prince, John Mayerなどからラブ・コールを受けてきた彼女は、現在所属するJay-Zのレーベル[Roc Nation]から、2021年にアルバム『Temporary Highs in the Violet Skies』を発表。


Tyler, The Creator, James Fauntleroyらが参加したこのアルバムは各所から大絶賛を受ける中、とあるファンが以下のようにツイート。


Snoh Aalegraは私達のSade


しかしこのツイートに多くのファンが大反論、大きな物議を醸しました。


SnohはSnoh。SadeはSade。同じじゃない

それはあなたのSadeにして。私達にはすでにSadeがいる


Snoh Aalegra

Temporary Highs in the Violet Skies

「レジェンドを尊重して」

今回のSnoh Aalegraのアルバム『Temporary Highs in the Violet Skies』は、Sadeのような麗しい繊細さを感じますし、Sadeになぞった美学を賞賛する声もあがりましたが、しかしSnoh Aalegraは私達のSadeの意見に対しては大多数が否定派となりました。


結果的に、このツイートは数千を超えるリツイート数になったそうですが、この議論にSnoh Aalegra本人もツイッターで以下のように反応。


女王Sade Aduは1人だけ。別の人は決してありません。


この比較は無意味だし、議論の余地もない。


レジェンドを尊重して下さい


Sade

By Your Side

何故アーティスト達は比較を嫌うのか?

個人的には、その人が思ったこと、その人自身が感じたことは、その人にとってはそれが正解なので、個人の思想や言論は自由かなと思いました。


しかし、ファンがこれだけ熱くなった背景を見ても、Sadeというアーティストの偉大さを改めて感じさせる出来事でもありました。


そのアーティストを形容する際(特に新人の場合が多いですが)、「◯◯の再来」「第2の◯◯」などと、過去のレジェンドに例えた表現が使われることはしばしばですが、こういった表現を嫌うのがアーティスト側の常。


アーティストを売り込むレコード会社側などは、そのアーティスト性を分かりやすく第3者に伝えたい為にこういった表現を繰り返してきましたが、アーティストとしては、大きく分けて以下の2つがこういった表現方法を嫌う理由としてあげられると思います。


他の誰かではなく、オリジナルの存在として評価してほしい

レジェンドに敬意を払い、比較されることを謙遜する


今回のSnoh Aalegraの場合は後者にあたるかなと思いますが、特に欧州出身のSnoh Aalegraだけに、英国のバンドSadeの偉大さは誰よりも理解していることと思います。


Snoh Aalegra自身、Sadeと比較されることに悪い気はしていないと思いますが、自分のことは差し置いてSadeへのリスペクトを続けるSnoh Aalegraの発言も、また素敵だと思いました。

関連記事

Commenti


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page