top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Monica▶︎▶︎まだ15歳の時、当時24歳だった2パックとの交際を望んでいた?

更新日:2022年5月22日


monica 2pac
2Pacとの交際を望んでいたMonica

15歳でデビューした同世代のAaliyah, Brandyより1つ年下ながら、彼女達より1年早い14歳という若さでデビューした天才シンガーMonicaは、'95年にリリースしたデビュー・アルバム『Miss Thang』が全米アルバム・チャート最高36位を記録し、また全米だけで150万枚以上を売り上げるなど、周囲からの期待に応える見事なデビューを飾ることに成功。


14歳という若さながら仕事面でいきなりの大成功を掴んだ彼女、今度はプライベートでの充実を図ろうと考えたのか、『Miss Thang』のリリース後にある人物との交際を本気で望んでいたようです。


それがラッパーの2Pacだったとのこと。

これは[Death Row Records]のプロデューサー/マネージャーを務めていたCurtis "Kurt Kobane" Couthonが、「The Art of Dialogue」のインタビューにて明かした内容によるもので、Monicaは2Pacと連絡を取ろうと、[Death Row Records]のスタジオに何度も電話をしていたとのこと。


しかし、多忙を極めていた2PacはMonicaからの連絡に応じることはなく、この時15歳という若さだったMonicaは怖いもの知らずだったゆえか、そんな状況はお構いなしに何度もスタジオに電話をかけ続けたそうで、この時スタジオの受付付近にいたCurtis "Kurt Kobane" Couthonは何度も電話が鳴っていることを確認しており、その電話の大半がMonicaからの電話だったようです。


ちなみに、'95年〜'96年当時に2Pacと連絡を取りたがらない女性はいないほどだったそうで、TLCのLeft Eyeも2Pacとの交際を望んでいた1人でした。


結局Monicaの望みが叶うことはなく、その理由をCurtis "Kurt Kobane" Couthonは彼女は若すぎたと語っています。



『All Eyez On Me』は、2Pacへの思いがもたらした報い?

2Pacとの交際は実現しなかったものの、デビュー以降は破竹の勢いで活躍を続けたMonicaでしたが、そんな彼女にも大きな苦難が訪れることに。


時は2000年7月、当時交際していたボーイフレンドのJervis WeemsがMonicaの目の前で自殺し、このショッキングな出来事がきっかけで、当時着手していたアルバムの制作も一時停止。


失意のどん底だったMonicaでしたが、Jervis Weemsの自殺から約半年後の2001年初頭に、Chris Rock主演映画「Down to Earth」のサウンドトラックにシングル"Just Another Girl"が収録されたことをきっかけとし、Monicaは着手していたアルバム制作を再開。


Just Another Girl

Monica

この時制作していたアルバムはMonicaのサード・アルバムにあたり、当初は『I'm Back and Monica』というタイトル名になる予定だったそうですが、リード・シングル"All Eyez On Me"にちなんで、最終的にアルバム名は『All Eyez On Me』としてリリース。


先行リリースされた日本では大きなヒットを記録したものの、このアルバムの音源がネット上に流出してしまった問題などもあり、急遽アルバム音源の作り直しが余儀なくされることに。


『All Eyez On Me』からシングル・リリースされた"Just Another Girl"と"All Eyez On Me"の2曲もそこそこの結果止まりで、かつ米国では途中で販売が打ち切られた『All Eyez On Me』は当時のチャートに入ることもなく、Monicaのキャリアで最も大きく転けてしまった黒歴史。

「全ての目が私に」という意味、つまり「みんなこっちを見て」や「注目」という意味合いで使われる「All Eyes On Me」というフレーズは、ブラック・ミュージックの楽曲に限らず多くのアーティスト達によって使われるお決まりの表現の1つですが、このフレーズを使った最も有名な作品の1つといえば、2Pacが生前最後に残したアルバム『All Eyez On Me』


All Eyez On Me

2Pac

全米アルバム・チャートを制覇し、第39回グラミー賞で3部門にノミネートされるなど、2Pacの最高傑作となった『All Eyez On Me』でしたが、「Eyez」の「z」の綴りまで同じにしたMonicaのアルバム『All Eyez On Me』は、Monicaが残したアルバムの中でワーストワンという、2Pacとは正反対の結果に。


Monicaが2Pacの『All Eyez On Me』にあやかって名付けたか否かはさておき、15歳のMonicaが、当時24歳だった2Pacに対して執拗な行動を取ったことが「報いとして返ってきた」というのは、ちょっと言い過ぎですかね?


恋人の自殺、そして『All Eyez On Me』の失敗もMonicaにとっては嵐の1つだったことでしょう。


様々な苦難を乗り越えて2003年にリリースしたアルバム『After The Storm』で再び輝きを取り戻したMonicaは、同アルバムで自身初の全米アルバム・チャート1位を達成しています。


After the Storm

Monica


Monicaの関連記事




P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page