top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

K-Ci & JoJo|洋楽ラブ・ソングの名曲"All My Life"は、元々別のアーティストの為に書かれた曲だった。


K-Ci & JoJoが歌う"All My Life"は、元々別のアーティストの為に書かれた曲だった

洋楽ラブ・ソングの名曲"All My Life"


「僕が愛した人の中で、君より素敵な女性はいないよ。


そして、僕が愛した人の中で、君より大切な人はいないよ。


君は僕にとってかけがえのない存在で、僕の全てなんだ。


そんな君にこの歌を歌うよ。


今まで生きてきて、君のような相手を求め続けてきたのさ。


やっと君に巡り合ったことを神様に感謝するよ」


K-Ci & JoJoが'98年に発表した"All My Life"は、'90年代を代表するラブ・ソングの名曲。


All My Life

K-Ci & JoJo

K-CiとJoJoのHailey兄弟によって結成されたK-Ci & JoJoは、元々R&BグループJodeciのメンバーとして活動していた2人。


'90年代のR&Bシーンを大いに盛り上げたJodeciが大成功した後、K-CiとJoJoは'97年頃に兄弟によるサイド・プロジェクトとしてK-Ci & JoJoを始動させ、「セックス」や「淫欲」といったあからさまな性描写を歌っていたJodeciのスタイルとは真逆の「純愛」をテーマに、甘く美しいラブ・ソングを量産。


そんなK-Ci & JoJo最大のヒット曲と言えば、彼らのデビュー・アルバム『Love Always』に収録された"All My Life"で、この曲はあのJodeciでも成し得なかった、全米シングル・チャート1位を達成する大ヒットを記録(Jodeci最大のヒット曲は"Come and Talk To Me"で、同チャート最高11位)。


実はこの曲、「当初はK-Ci & JoJo用の曲ではなく、他のアーティストの為に作った曲だった」と、後にJoJoが語っています。


Love Always

K-Ci & JoJo



[A&M Records]所属の女性アーティストに提供する予定だった"All My Life"


"All My Life"は、K-CiとJoJoの2人がセルフ・プロデュースした楽曲でしたが、JoJoは「MTV」のインタビューに次のようにコメント。

「この曲は[A&M Records]に所属していた女性アーティストが歌うことになっていた。でも、スタジオから出た後にこの曲を聴いたら、この曲は最高にホットだと感じた。だから自分達の曲としてキープしたんだ」

K-Ci & JoJoの活動期間と重なる'90年代中期〜後期に、[A&M Records]に所属していた女性R&Bアーティストと言えば、その筆頭はCe Ce Penistonでしたが(For RealやVestaは'90年代前期まで同レーベルに所属)、JoJoはその女性アーティストを「無名のシンガー」と言っているので、もしかしたらデビューせずに消えてしまったシンガーかもしれないですね。


ちなみに、この曲の歌詞の内容は冒頭に記した通り、1人の女性に対しての純愛を歌ったラブ・ソングですが、これは当時6歳だったJoJoの実娘Kayla Tiffanyについて書いた曲とのこと。


K-Ci & JoJoの関連記事



タグ:

Σχόλια


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page