top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Babyface▶︎▶︎史上最高の作曲家がプロデュースした、歴史に残る名R&B 65選。

更新日:2022年8月24日


babyface プロデュース
Babyfaceが手がけたR&B史に残る名曲

英国の音楽サイト「NME」は、2012年発表のリスト「史上最高のプロデューサー50人」にて第22位に選出し、現代の米国R&Bにおける最高の部分全てを創設した1人とBabyfaceの功績を絶賛。


Babyface最大の功績は、元々黒人層向けの音楽だったR&B/ソウルを、抜群の歌唱力を持ったBoyz Ⅱ Men, Whitney Houstonと言ったアーティスト達を起用しながら大衆化させたことで、Babyfaceと同じ時代に活躍したプロデューサーJam & Lewisと比較しても、Babyfaceのグラミー受賞数は一際目立つ結果。


・Babyface - 受賞数11回 (ノミネート49回)

・Jam & Leiws - 受賞数5回 (ノミネート23回)


今回は、R&B史上最も偉大なシンガー/ソングライター/プロデューサーのBabyfaceが手がけてきた、歴史に残る珠玉のR&Bをセレクトしました。

 
プレイリスト公開中

このページで紹介している楽曲をまとめたプレイリストをSpotifyに公開しています。

 

全米シングル・チャート: 最高10位

1. Two Occasions (1987)

The Deele

prod by Babyface, L.A. Reid

 

全米シングル・チャート: 最高5位

2. Girlfriend (1987)

Pebbles

prod by Babyface, L.A. Reid

 

全米シングル・チャート: 最高7位

3. Rock Steady (1987)

The Whispers

prod by Babyface, L.A. Reid



全米シングル・チャート: 最高8位

4. Don't Be Cruel (1988)

Bobby Brown

prod by Babyface, L.A. Reid

 

全米シングル・チャート: 最高3位

5. Roni (1988)

Bobby Brown

prod by Babyface, L.A. Reid

 

全米シングル・チャート: 最高13位

6. Dial My Heart (1988)

The Boys

prod by Babyface, L.A. Reid



全米シングル・チャート: 最高7位

7. The Way You Love Me (1988)

Karyn White

prod by Babyface, L.A. Reid

 

全米シングル・チャート: 最高2位

8. The Lover in Me (1988)

Sheena Easton

prod by Babyface, L.A. Reid

 

全米シングル・チャート: 最高6位

9. Can't Stop (1988)

After 7

prod by Babyface, L.A. Reid

 

···

Babyfaceの関連記事


タグ:

Comments


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page