top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Omarion▶︎▶︎「彼らは売れないと思っていた」レーベルの読みが外れて大ヒットした"Post to Be"。


omarion post to be chris brown jhene aiko
Omarion最大のヒット曲となった"Post To Be"

R&BグループB2KのメンバーとしてデビューしたOmarionが、Chris Brown, Jhene Aikoらを迎えて2014年にリリースしたシングル"Post To Be"。


「もしお前の女が俺に近づいてきたら、時間になっても帰らないぜ。俺が来たら、お前の女は俺に惚れちまう。俺が悪いんじゃない、彼女が俺を知りたがっているんだ」と、俺は危険な男だから彼女は俺に近寄らせない方が良いと歌うチャラさ全開の"Post To Be"は、Ella Maiの才能を見出したMustardがプロデュース。


"Post To Be"リリース以前のOmarion最大のヒット曲と言えば、セカンド・アルバム『21』に収録され、ゴールド・ディスクを達成した"Ice Box"でしたが、"Post To Be"はトリプル・プラチナを達成しOmarion最大のヒット曲に。


ちなみに全米シングル・チャートの結果だけをみると、"Ice Box"が最高12位で、"Post To Be"は最高13位と、"Ice Box"の方がランキングでは上回った結果となりました。


Omarion

Post To Be feat. Chris Brown, Jhene Aiko



レーベル側は"Post To Be"がヒットしないと思っていた

B2K解散後にソロ・デビューしたOmarionは、ソロ転向直後こそB2K時代に負けず劣らない人気を集めていたものの、2010年代に入ると当初の勢いは一時失速。


しかし、今回の"Post To Be"で再度その存在感を大いに印象付けましたが、当初レーベル側はこの曲がヒットしないと思っていたようで、Omarionは「VladTV」のインタビューで以下のように答えています。


"Post To Be"は、[Mayback Music]に在籍していた時に作った曲だ。


[Mayback Music]は[Atlantic Records]配給だけど、レーベル側はこの曲を全く理解していなかった。


俺は何を作り上げたかは分かっていたけど、当時レーベル側から何のサポートを受けていなかったから、曲がヒットするまでに半年かかったよ。


でも、結果的にはトリプル・プラチナを達成した



Comments


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page