top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Michael Jordan▶︎▶︎「The Last Dance」でMJが聴いていた曲は、ケニー・ラティモアのどの曲?

更新日:2022年5月13日


Michael Jordanのお気に入りはR&BシンガーKenny Lattimore

「Netflix」限定で公開されたNBAの元スーパースターMichale Jordanのドキュメンタリー・シリーズ「The Last Dance」


全10話に渡ってMichael Jordanの苦悩や栄光を振り返る内容でしたが、その第10話目にてMichael Jordanが今聴いているのは友人Kenny Lattimore(ケニー・ラティモア)のリリース前の曲だよと言う一幕が。


さて、この時Michael Jordanが聴いていた曲はKenny Lattimoreの何の曲だったのでしょうか?


The Last Dance

Official Trailer

Michael Jordanが聴いていた曲は"Days Like This"

Michael Jordanのドキュメンタリー・シリーズ「The Last Dance」は、Michael JordanがChicago Bullsで過ごした最後の年である'97年〜'98年シーズンの内容を中心にまとめられた内容で、主役のMichael Jordan以外にも当時を知る関係者達が次々と登場し、これまで語られることのなかった様々な状況や心情を赤裸々に告白した見応え抜群のドキュメンタリー・シリーズでしたが、Michael Jordanがヘッドフォンで何かを聴いているシーンが登場するのは最終回の10話目の冒頭。


これは'98年6月3日、NBAファイナル第1戦の試合前に撮影された動画で、この時Michael Jordanが聴いていた楽曲は、Kenny Lattimoreが同年の'98年10月にリリースしたアルバム『From the Soul of Man』


当時、Kenny Lattimoreはアルバム・リリース前にMichael JordanにアドバンスCDを送っていたとのことです。


そんなKenny Lattimoreの音楽を聴いているMichael Jordanはかなりノリノリ。


アルバム『From the Soul of Man』収録曲でノリの良いダンス・ビートはシングルカットされた"Days Like This"とバウンシーなヒップホップ・ビートの"Destiny"の2曲のみで、かなりノッているMichael Jordanの様子からこの時聴いていた曲は"Destiny"かと思いましたが、この時に聴いていた曲は"Days Like This"だったと、Kenny Lattimore本人がTwitterに投稿しています。

決勝戦の直前という大事な時間に聴いていた曲というだけあって、いかにMichael JordanがKenny Lattimoreの楽曲を気に入っていたかが伺えるシーンでした。


Days Like This

Kenny Lattimore

Kenny LattimoreはR&B界の伊達男

Kenny Lattimoreは、実力とルックスを兼ね備えたR&B界の伊達男としてここ日本にも多くのファンを持つ正統派R&Bシンガー。


残念ながら2011年に離婚してしまいましたが、元妻はこちらも整ったルックスで人気を集めたR&BシンガーChante Mooreで、R&B界を代表する美男美女カップルとして知られていました。


You Don't Have to Cry

Kenny Lattimore & Chante Moore

1970年4月10日生まれ、'96年にアルバム『Kenny Lattimore』でデビューしこれまでに数多くの楽曲を残してきたKenny Lattimore。


そんな彼の代表曲は、デビュー・アルバム『Kenny Lattimore』に収録されたスロウ・ジャム"For You"で、全米シングル・チャート最高33位を記録。 "Days Like This"ももちろんKenny Lattimoreの代表曲の1つですので、「The Last Dance」の動画配信をきっかけにまた"Days Like This"の人気が浮上しそうな予感ですね。


For You

Kenny Lattimore

関連記事

Comments


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page