top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Mariah Carey▶︎▶︎'94年の年間チャート5位に輝いた"Hero"は、元々グロリア・エステファンが歌う予定だった。


Mariah Carey Hero Gloria Estefan マライア・キャリー

Gloria Estefanが歌う予定だった"Hero"


「希望を失っても、自分を見つめば強くなれる。だってヒーローは自分の中にいるんだから」と、「自分を信じればどんな困難な状況だって乗り越えられる」という歌詞の内容が多くの人の心の支えとなり、コロナパンデミックで世界中が混乱していた2020年4月に、自宅からMariah Carey自身が披露したことでも話題となった"Hero"。


Hero (Live at Home Tribute)

Mariah Carey

全米シングル・チャートを制覇し、'94年ビルボード年間シングル・チャートは5位を記録、そして第37回グラミー賞「Best Female Pop Vocal Performance」にノミネートされるなど、'90年代にヒット曲を量産したMariah Careyの楽曲の中でも、特に人気の高い1曲として愛される"Hero"ですが、実はこの曲は元々Mariah Careyが歌う予定ではなかったとのこと。


"Hero"はMariah Careyが'93年に発表したサード・アルバム『Music Box』に収録された楽曲で、Mariah Careyをデビュー時から支えたロシア出身のプロデューサーWalter Afanasieffと、Mariah Carey本人が作詞作曲を担当。


Music Box

Mariah Carey

Mariah Careyは、前作にあたる'91年リリースのセカンド・アルバム『Emotions』に収録された全曲の制作を自ら行い、結果的にアルバムが大成功したことからソングライターとしての評価も高まり、そんな矢先にMariah Careyの元へ舞い込んだのが、'92年公開の映画「Hero」のサウンドトラックへの楽曲参加依頼。

Mariah Carey自身、このプロジェクトに参加することはかなり前向きだったものの、しかしこの決断に待ったをかけたのが、当時のMariah Careyの婚約者であり、サウンドトラックのリリース元である[Sony Music]のCEOを務めていたTommy Mottola。


Tommy Mottolaは、この映画に参加することでMariah Careyのキャリアが傷つくのではないかと感じていたようで、また当時Mariah Careyが所属していた[Columbia Records]の関係者も、Mariah Careyが別レーベルに貢献することに不安を感じていたという話も([Columbia Records]は[Sony Music]の傘下レーベルで、同じグループ会社)。


しかし、Tommy Mottolaからの反対を受けた後もMariah Careyはこのプロジェクトへの興味を損なわなかったようで、この時はMariah Careyが書いた曲を、別のアーティストに歌わせるという条件で合意。


そのアーティストが、Gloria Estefanだったとのこと(Gloria Estefanは[Sony Music]に所属)。

Mariah CareyとWalter Afanasieffの2人は、Gloria Estefanに歌ってもらうことを想定し、米ニューヨークのスタジオにて約2時間でこの曲の輪郭を整えたようで、"Hero"のデモ音源が完成した際にその場に訪れたのがTommy Mottola。


頑なにサウンドトラックへの参加を拒み続けてきたTommy Mottolaだったものの、このデモ音源を聴くや否や、「この曲はあまりにも良すぎるから、映画用ではなくMariah Carey自身が歌うべき」と意見がコロリと変わり、結果的にサウンドトラックへの収録は見送られ、Mariah Careyの曲として発表されたという流れ。


ちなみに、急遽空白になってしまった"Hero"の代わりの曲として、映画「Hero」のサウンドトラックに収録されたのが、Luther Vandrossが歌った"Heart of a Hero"だったようです。


Luther Vandross

Heart of a Hero


"Hero"の関連記事



Comentarios


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page