• R&B SOURCE編集部

Lucky Daye▶︎▶︎ホームレス、オーディション落選を経て、グラミーにノミネートされた叩き上げアーティスト。

最終更新: 4日前


ホームレスからグラミー・ノミネート・アーティストへ

都会的でお洒落な作風で人気を集め、グラミー賞にノミネートされるほどの実力を持ったLucky Daye(ラッキー・デイ)は、スタイリッシュなエリート・アーティスト像そのものといった佇まいですが、そんな華やかなイメージとは正反対に、紆余曲折な道のりを歩んできたLucky Dayeの人生。


幼少期、母親の影響で世俗的な音楽を禁じられたカルト教団で生活をしていたというLucky Daye。


何とも奇妙な生活環境で育つことになったものの、カルト教団内で過ごしていた時期に米国では有名な絵本作家Dr. Seussの児童書「Green Eggs and Ham」などに影響を受け、本の内容を自分の歌やメロディにして独学で音楽を学んでいったとのこと。


8歳の頃に母親がカルト教団をから抜け出たことをきっかけに、Prince, Stevie Wonder, Rick Jamesらの音楽を親しむようになり、本格的にアーティストの道へと進むために、出身地の米ルイジアナ州ニューオーリンズから離れ米ジョージア州アトランタに移住。


人気オーディション番組「American Idol」のシーズン4に出場し、トップ20入りを果たすものの結果的には惨敗。


アトランタ在住にはあまり物事が上手く進まず、イライラすることもシバシバあったそうで、ホームレスも経験したとのこと。


後に米ロサンゼルスに移住し、Keith Sweat『Just Me』収録曲"Me and My Girl"を手がけたことをきっかけに、Ne-Yo, Boyz Ⅱ Men, Trey Songzらの楽曲を手がけ、ソングライターとしての能力の高さを証明。


2018年には、VanJessも所属する[RCA Records]の傘下レーベル[Keep Cool]と契約し、翌2019年にデビュー・アルバム『Painted』を発表。


同アルバムは第62回グラミー賞「Best R&B Album」にノミネートされ、他3部門にもノミネートされるなど、トップ・アーティストの仲間入りを果たしました。


カルト教団育ち、人気オーディション落選、ホームレス、あらゆる苦難を乗り越え、ただの「ラッキー」ではなく、実力でチャンスをモノにしたLucky Daye。


今回は、叩き上げアーティストLucky Dayeの注目曲をピックアップしてみました。


1. Roll Some Mo

Lucky Daye

produced by D'Mile

2. Late Night

Lucky Daye

produced by D'Mile

3. Pain It

Lucky Daye

produced by D'Mile

4. Try Your Fire

Lucky Daye

produced by D'Mile

5. Shoulda feat. Babyface

Lucky Daye

✔︎Toni Braxton - Love Shoulda Brought You Home サンプリング

関連記事: 「これは懐かしい...」あの'90年代R&Bの名曲を愛するアーティスト達。

6. My Window feat. Mahalia

Lucky Daye

produced by Cadenza

7. Falling in Love feat. Joyce Wrice

Lucky Daye

produced by D'Mile



関連記事

「現代のMarvin Gaye」と称される、天才すぎた孤高のソウル・シンガーKevin Ross。

Mac Ayresが作り出す静寂さに包まれたR&Bの幻想美。これぞチルアウト・メロウの最高到達点。

お洒落で、神秘的で、ノスタルジック。抜群のセンスで魅了するDevin Morrisonの極上R&B特集。

▶︎TOPICS

1
2

▶︎R&B

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

About         Privacy Policy

 © 2021 rnbsource.com All Rights Reserved.

人生を変える1曲を届けたい