検索
  • R&B SOURCE編集部

Kobe Bryant▶︎▶︎「俺の人生の恩師はマイケル・ジャクソン」と告白。「突然MJから電話がかかってきた」

最終更新: 2020年12月28日


Kobe Bryantの恩師は、「King of Pop」Michael Jacksonだった

2020年1月26日、乗っていたヘリコプターの墜落事故で、帰らぬ人となってしまったNBAの元スーパースターKobe Bryant。


名門Los Angels Lakers一筋20年、現役時代は超人的なプレイで世界中のバスケットボール・ファンを虜にし、Los Angels Lakersを5度優勝に導きました。


そんなKobe Bryantが、僕の人生には沢山のインスピレーションの源があったけど、そのほとんどが彼によってもたらされたものと、メンタル面において人生の恩師がいたと、現役引退後に公の場で告白。


その人物こそ、Michael JordanやMagic Johnsonといったどの名NBA選手でもなく、あの「King of Pop」ことMichael Jacksonだったとのことです。


TOP 40 Plays of His NBA Career

Kobe Bryant

Michael Jacksonからもらったアドヴァイスとは?

2016年に引退したKobe Bryantは、翌2017年に毎年米ニューヨークで開催される「Tribeca Film Festival (トライベッカ映画祭)」に出席。


この壇上で、「Dear Basketball」と題したポエムを読む事となりました。


あれは本当にクレイジーな話だよ。


僕がベニス・ビーチのジムでトレーニングしている時に突然電話が鳴ったんだけど、電話の相手はあのMichael Jacksonだった。


実は、僕が自分のゲームに集中するようになったのはこの出来事がきっかけなんだ。


当時、僕はメディアからも沢山の批判を浴びていた。


彼は大のバスケットボール・ファンだったから、『自分のやることにフォーカスして、正しい道を突き進め』と、僕に電話でアドヴァイスをしてくれた。


僕は『OK、でもどうすればいい?』と彼に聞くと、『偉大な選手になりたければ、偉大な先輩から学ぶんだ』と教えてくれた。


彼自身も、The BeatlesやJames Brownから多くのことを学んだことを話してくれて、彼らから具体的に何を学んだかまで教えてくれた。


僕の人生には沢山のインスピレーションの源があったけど、そのほとんどがMichael Jacksonによってもたらされたものなんだ


Kobe Bryantが語るメディアから批判を浴びていた時期というのは、高校を卒業してNBAに入ったばかりの18歳の頃。


Kobe Bryantを後の名NBAプレイヤーへと育てたのは、どの名NBA選手でもなく、Michael Jacksonだったと言っても過言ではないかもしれないですね。


そんなKobe Bryantは、2014年にMichael Jacksonからインスピレーションを受けた「Kobe 9 Elite Low - Michael Jackson」というバスケットボール・シューズも発売しています。


Kobe 9 Elite Low - Michael Jackson

Nike



関連記事

「Kobeはラップ・キャリアを真剣に考えていた」Brian McKnightが当時の様子を語る。

「サヨナラなんて言えない...」Brian McKnightが、Kobeへ捧げる"Can't Say Goodbye"で最後のお別れ。

NBA史上最も美しい瞬間。Michael Jordanが、Mariah Careyの"Hero"に涙した理由とは?

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

 © 2020 rnbsource.com All Rights Reserved.

人生を変える1曲を届けたい