• R&B SOURCE編集部

Kobe Bryant▶︎▶︎「彼はラップ・キャリアを真剣に考えていた」Brian McKnightが当時の様子を語る。


Kobe Bryantは、ラッパーとしてのキャリアを真剣に考えていた

片手間でやっていたということはもちろん無かったでしょう。


ただ、高校時代に全米中を虜にしたスーパー高校生として大活躍し、スター選手の座を約束されてNBA入りしたKobe Bryantだっただけに、彼のラップ自体は「キャリアのセカンド・オプションにも至らない趣味」程度に捉えていたファンも多かったかもしれません。


NBA選手兼ラップ・アーティストと言えば、Kobe BryantのNBAデビュー時のチームメイトShaquille O'nealが大スターとして既に君臨していたので、Shaquille O'nealと比較されKobe Bryantのラップのスキルに苦言を呈する人も少なくなかったとか。


しかし、"Hold Me"で共演したR&Bシンガー/ソングライターのBrian McKnightは、「ABC Audio」のインタビューにて以下のように語っています。


Kobeはラッパーとしてのキャリアを100%真剣に考えていた


Brian McKnight (ブライアン・マックナイト)

Hold Me feat. Kobe Bryant

Lakersに加入していなかったら、Kobeはラッパーとしてのキャリアをスターとしていたかもしれない

問題は、Lakersがチャンピオンシップに入る前だったと言うこと。


そして1年後、彼らはチャンピオンシップを戦ってNBAのチャンピオンになった


こう付け加えたBrian McKnightですが、Brian McKnightとKobe Bryantが"Hold Me"で共演したのが'98年、Kobe Bryantが所属していたLos Angels Lakersが優勝したのが2000年だったので、Brian McKnightとKobe Bryantのやり取りは'99年の出来事のようですね。


Kobe Bryantは高校卒業後に大学へは進学せず、'96年のNBAドラフトに高卒ルーキーとしてエントリー。


当時はまだ高卒選手への評価が低く、全体13位で指名されることとなりましたが、この時Kobe Bryantを指名したのはLos Angels LakersではなくCharlotte Hornetsでした。


しかし、Kobe Bryantは「Lakersに入団できなかったら大学へ進学する」という意向を譲らず、ドラフト直後にトレードによってLos Angels Lakersに入団することとなりました。


Los Angels Lakersと言えば、日本のプロ野球でいう巨人のような伝統と歴史がある常勝チーム。


Kobe Bryantが入団した時期もLos Angels LakersはNBAの強豪チームの1つでしたので、Brian McKnightは音楽の世界でスターになるより、バスケットボールに集中する必要がある。だた、同時にやりたいことは全て出来ると思っていたし、彼自身もそう思っていたと、語っています。


結果的にLos Angel Lakersは2000年の優勝を皮切りに、2001年、2002年も優勝しNBA3連覇を達成。


最後に3連覇という偉業を達成して、彼はもうラッパーとしてのキャリアはもう考えていなかったと思うよと付け加えています。


TOP 40 Plays of His NBA Career

Kobe Bryant



関連記事

「俺の人生の恩師はMichael Jacksonだった」とKobe Bryantが告白。「突然MJから電話がかかってきた」

「サヨナラなんて言えない...」Brian McKnightが、Kobe Bryantへ捧げる"Can't Say Goodbye"で最後のお別れ。

NBA史上最も美しい瞬間。Michael Jordanが、Mariah Careyの"Hero"に涙した理由とは?

▶︎TOPICS

1
2

▶︎R&B

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

About         Privacy Policy

 © 2021 rnbsource.com All Rights Reserved.

人生を変える1曲を届けたい