top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Jennifer Lopez|アッシャーの為に用意したものの、J. ローに無断で渡してしまった"Get Right"。


Usherの為に用意されていたものの、Jennifer Lopezに渡してしまった"Get Right"

元々はUsherの為に用意されていた"Get Right"


Maceo and the Macks"Soul Power 74"の、あの印象的なサックス・パートを絶妙にサンプリングした"Get Right"は、Jennifer Lopezが2005年に発表した通算4枚目のスタジオ・アルバム『Rebirth』からのリード・シングル。


Jennifer Lopez

Get Right

「The New York Times」が「彼女の最も記憶に残る曲」と称賛したこの"Get Right"は、Amerieの仕掛け人Rich Harrisonと、Mary J. Blige"Real Love"を手掛けたCory Rooneyの2人がプロデュースを担当。


Jennifer Lopezのキャリアを代表する2000年代R&Bの名曲ですが、この曲は元々Usherの為に作られた楽曲でした。

"Get Right"が発表される前の2003年〜2004年、当時Usherはアルバム『Confessions』の制作に着手しており、同アルバムの制作メンバーの1人としてRich Harrisonを迎えたUsher。


『Confessions』でRich Harrisonが制作を請け負った曲は、最終的に"Take Your Hand"の1曲のみだったものの、同アルバム用に制作された"Ride"という楽曲は、後にJennifer Lopezが歌う"Get Right"と同じトラック。


Usher

Ride

この"Ride"は、プロモ盤の12インチ・シングルでのみ形になっており、しかしアルバム『Confessions』には収録されず、Usherとしては未発表曲のような扱いだったと思われるものの、一応はUsher名義で形になっているこの"Ride"と全く同じトラックを使用した楽曲を、Jennifer Lopezが"Get Right"として発表したことにUsherは憤慨し、「Fox News」が報じたところによると、Usherは"Get Right"についてあの曲は嫌いだね。俺はあの曲の権利のいくらかをもらうべきだと語っていたとのこと。



Amerieのしわ寄せを受けたUsher


この"Get Right"に関するいざこざには、直接的では無いもののある別のアーティストも絡んでおり、それが女性シンガーのAmerie。


Amerie成功の立役者であるRich Harrisonは、Usherのアルバム『Confessions』の為に"Ride"を用意したものの、Usher自身がこの曲の扱いに困惑していたとか。


そして同じ時期に、Jennifer Lopezは後にAmerieが歌うことになる"1 Thing"に興味を持っており(この曲もRich Harrisonがプロデュース)、2005年リリースのアルバム『Rebirth』に"1 Thing"を収録したいと考えていたとのこと。


しかし、Jennifer Lopezの望みも虚しく、結果的に"1 Thing"はAmerieのシングルとしてリリースされてしまい、Usherがあまり没入できなかったとされる"Ride"を、"1 Thing"の穴埋めとしてJennifer Lopezに"Get Right"として提供。


しかし、原曲を歌ったUsherに無断でこれらのやり取りが行われてしまった為、Usherの怒りを買ってしまうことに。



Amerie

1 Thing

この1件でUsherとJennifer Lopezのビーフが勃発し、一時は険悪な関係になったものの、2019年公開のJennifer Lopez主演映画「Hustlers」にて両者は共演しており、現在の2人は良好な関係を保っているようです。



Comments


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page