top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Destiny Rogers▶︎▶︎スケーターからシンガーへ。彼女の才能を認めたのは、あの超大物プロデューサーでした。


The Stereotypesが2年かけて育てた大注目のラティーナDestiny Rogers

2019年にリリースされたデビュー・シングル"Tomboy"にて、Destiny Rogersが披露するスケートボードの軽やかな身のこなし。


6歳の頃からスケートボードを嗜んでいた彼女は、当時このスポーツこそ自分の天職かもしれないと思っていたとのこと。


Tomboy

Destiny Rogers

父親がピアノとドラムを演奏するミュージシャンだったことから、幼い頃から音楽にも慣れ親しんできたDestiny Rogersは、10歳の時にJustin BieberのMVを見たことがきっかけで、「これが私の情熱」と本格的に音楽目覚め、ギターの弾き方を独学で学び、カバー曲を公開するために自身のYouTubeチャンネルを開設。


「DJBooth」のインタビューにて、当時の心境を以下のように語っています。


これが私の天命かのように、肯定的なフィードバックを受け取った。


自分の音楽が人々を感動させ、人々を笑顔にすることが出来ると分かり、素晴らしい気持ちになった

そしてDestiny RogersがYouTubeに公開した動画が、あのグラミー・プロデューサーの目にとまり、彼女の状況が一変したのが17歳の時。


彼らは私に才能があると思ってくれたみたいなので、一緒に仕事をすることになったと語るそのプロデューサーこそ、Bruno Mars"24K Magic"を手がけたことでも知られるプロデューサー・チームThe Stereotypesでした。


米カリフォルニア州サンフランシスコの東に位置するローダイという小さな街の出身だったDestiny Rogersは、車で約5時間かかるThe Stereotypesの拠点の米ロサンゼルスまで月に1度出向き、約2年間彼らと共に仕事をこなしていったとのこと。


そして2018年2月にThe Stereotypesのレーベル[Beach Wave Sound]と契約し、同年の11月には[RCA Records]とメジャー契約を済ませて堂々のメジャー・デビュー。


母方がメキシコ人の家系というメキシコ系アメリカ人のDestiny Rogersは、スペイン語を流暢に話すというラティーナ ・シンガーで、その可憐なルックス、そして同じくメキシコ系の血筋を持つカリフォルニア出身のアーティストという背景からも、どこかBecky Gを匂わせる雰囲気を持っていますね。


今回は、The Stereotypesに認められたDestiny Rogersが歌う、注目の楽曲をセレクトしました。

 

1. West Like feat. Kalan.FrFr

Destiny Rogers

prod by Stereotypes

 

2. North$ide

Destiny Rogers

prod by Stereotypes

 

3. Euphoria

Destiny Rogers

prod by Stereotypes, Zac TheBoss

 

4. Got It Like That

B.I., Destiny Rogers, Tyla Yaweh

prod by Stereotypes

 

5. Simon Say feat. Mo Milli

Destiny Rogers

prod by Stereotypes

 

Lil Rob"Summer Nights"サンプリング

Summer Nights

Destiny Rogers

prod by Stereotypes, 9am

 
Destiny Rogersの関連記事


Comments


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page