top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Brian McKnight▶︎▶︎「サヨナラなんて言えない...」コービーへ捧げる"Can't Say Goodbye"で最後のお別れ。

更新日:2023年12月23日


サヨナラなんて言えない

2020年1月26日、乗っていたヘリコプターの墜落事故で帰らぬ人となってしまったNBAの元スーパースターKobe Bryant。


高校卒業後直ぐにNBAに入り、名門Los Angels Lakers一筋で20年間プレイし、通算得点ではあのMichael Jordanを上回るNBA歴代4位を記録したNBA史上最も偉大な選手の1人でした。


Kobe Bryant's TOP 40 Plays of His NBA Career!

NBA

同じく元NBAプレイヤーだった父Joe Bryantが、お気に入りだった鉄板焼きレストラン「Kobe Steak House (神戸ステーキハウス)」に行った際に、そこで食した神戸牛のあまりの美味しさから、息子にKobeと名付けたのは有名なエピソードですね。


スーパースターのあまりにも早すぎた死に世界中のファンが涙した中、"Back at One"などのヒットで知られる大ベテランのシンガー/ソングライターのBrian McKnightが、Kobe Bryantと、同じヘリコプターに同乗していた娘Gianna Bryantへ捧げる追悼曲"Can't Say Goodbye"を発表。


「サヨナラなんて言えない...あなたのような人は、一生に一度しか来ない」


Can't Say Goodbye

Brian McKnight

かつて共演していたBrian McKnightとKobe Bryant

Kobe Bryantは、NBA入りしてから2〜3年後の'98年〜'99年頃はアーティスト活動も行っており、'99年にシングル"K.O.B.E."をリリース。


この曲は7th Wonderというアーティストの"Daisy Lady"という曲をサンプリングしたことでも話題となりましたが、カップリングとして収録された"Thug Poet"も、50 Cent, Nasといった著名ラッパー達も参加し、'90年代ヒップホップ・クラシックとして知られるThe Notorious B.I.G."Who Shot Ya"のトラックをサンプリングした1曲で、音楽でも世界中のファンを魅了しました。


このアーティスト活動を行っていた'98年に、計17回グラミー賞にノミネートされているR&Bシンガー/ソングライターBrian McKnightが発表シングル"Hold Me"のリミックス・バージョンにて、フューチャリング・ラッパーとして参加したKobe Bryant。


当時はアルバム・バージョンのみならず、リミックス・バージョンのMVが公開されることも珍しくなく、"Hold Me"はKobe Bryantを迎えたリミックス・バージョンのみMVが制作され、今となってはKobe Bryantの貴重なラップ・シーンを見ることが出来る貴重なMVの1つとなりました。


Hold Me feat. Kobe Bryant

Brian McKnight

また、Kobe BryantはBeyonceが在籍していたユニットDestiny's Childの代表曲"Say My Name"にもフューチャリング・ゲストとして招かれてラップを披露。


プライベートでも親交の深かった両者でしたが、Beyonceは自身のインスタグラムにてKobe Bryantと娘Gianna Bryantの写真を投稿。


これからもあなたの女性達のために懸命に祈り続ける。愛しのKobe, あなたはとても惜しまれているわと、追悼の意を表明しています。

関連記事

Comentários


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page