top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Summer Walker▶︎▶︎恋人ロンドン・オン・ダ・トラックと作り上げたデビュー作『Over It』は、2019年の最重要R&Bアルバム。


summer walker over it
恋人London on da Trackと作り上げたデビュー・アルバム『Over It』

全米シングル・チャート最高16位を記録したRich Gang"Lifestyle feat. Young Thug, Rich Homie Quan"を筆頭に、以下の楽曲がLondon on da Trackが手がけた主なヒット曲と、全米シングル・チャートの最高位。


・T.I. - About the Money feat. Young Thug (2014) 42位

・Drake - Sneakin feat. 21 Savage (2016) 28位

・Kodak Black - Roll in Peace feat XXXTentacion (2017) 31位

・Post Malone - 92 Explorer (2018) 40位

・French Montana - No Stylist feat Drake (2018) 47位

・A Boogie Wit Da Hoodie - Swervin feat 6ix9ine (2018) 38位

・Saweetie - My Type (2019) 21位


Rich Gang

Lifestyle feat. Young Thug, Rich Homie Quan

主にラッパー達のヒット曲を手掛けるヒップホップ・プロデューサーとして知られ、"We got london on da track"のプロデューサー・タグでもお馴染みの、2010年代を代表するプロデューサーLondon on da Track。



そんなLondon on da Trackのガールフレンドとして知られるSummer Walkerが、London on da Trackの全面プロデュースによるデビュー・アルバム『Over It』をリリース。


トラップ風のスロウ・ビート主体とした『Over It』には、Bryson Tiller, Usher, 6LACK, PARTYNEXTDOOR, Jhene Aiko, Drakeといったトップ・アーティスト達が参加し、Summer Walkerのデビューを豪華絢爛にサポート。


また、以下の楽曲で'90年代R&Bをサンプリングするなど、ほのかに残る'90年代の香りも『Over It』を楽しむ聴き所の1つ。


・Body - sample of 702's "Get It Together"

・Playing Games - sample of Destiny's Child's "Say My Name"

・Come Thru - sample of Usher's "You Make Me Wanna..."


London on da Trackとのタッグで作り上げたSummer Walkerの『Over It』は、デビュー・アルバムならが全米アルバム・チャート最高2位という堂々の記録を残しました。


Over It

Summer Walker

元々はストリッパーだったSummer Walker

[LaFace Records][So So Def]のお膝元として、'90年代にはR&Bシーンにとっての最重要拠点の1つとなった米ジョージア州アトランタ出身のSummer WalkerことSummer Marjani Walker。


シンガーとしての表現力はもちろんのこと、凹凸のある魅力的なプロポーションを持つ彼女は、シンガーを志す前にストリッパーとして働いていたという異色の経歴の持ち主。


アルバム『Over It』に収録された"Stretch You Out feat. A Boogie with da Hoodie"のMVにて、ポールダンスを披露している様は、元ストリッパーであるSummer Walkerならではのセクシーな演出でした。


Stretch You Out feat. A Boogie with da Hoodie

Summer Walker

そもそも彼女がストリッパーになった経緯は、日本では一般的に「対人恐怖症」と呼ばれている、人前で恥をかくことを極端に恐れる「社交不安障害」を患っており、自分自身のネガティブな部分を克服するためだったとのこと。


しかし、アーティスト・デビュー後もこの障害の影響でライブをキャンセルするなど、今もなお繊細なハートを持ったまま活動を続けるSummer Walkerですが、ストリッパーとして活動していたのは2016年頃で、それからわずか3年という短い歳月でデビュー・アルバム『Over It』を発表し、同アルバムは女性R&Bアーティストのアルバムとしては初週のストリーミング数が歴代最高を記録するなど、急速な勢いでトップ・アーティストに上り詰めたSummer Walker。


そんなSummer Walkerが所属する[LVRN]の共同創設者のJustice Baidenは、Summer Walkerを知った時の印象を次のように語っています。


彼女のInstagramを初めてフォローした時、彼女はストリップ・クラブで働いていて、次の動画ではアコースティック・ギターを披露していた。


それは文字通り、1人の中に存在するはずのない2つの異なった姿だった。


彼女は自分自身を見つけるかのように、押したり引いたりをただ絶え間なく繰り返していた

関連記事

『Over It』で誰かと電話しているSummer Walker。

その話の相手は一体誰?

P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page