top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Ari Lennox|フェイス・エヴァンス"I Just Can't"をアップデートした"BMO"は、[Bad Boy]にオマージュを捧げた'90年代風ヒップホップ・ソウル。

更新日:3月11日


Faith Evans"I Just Can't"をアップデートしたAri Lennoxの"BMO"は、[Bad Boy]にオマージュを捧げた'90年代風ヒップホップ・ソウル。

Faith Evans"I Just Can't"をアップデートした"BMO"


ラッパーJ. Coleが設立したレーベル[Dreamville Records]と初めて契約した女性シンガーとして知られ、Erykah Baduの歌声と比較されることが多いAri Lennox。


そんな彼女の代表曲の1つが、2019年リリースのデビュー・アルバム『Shea Butter Baby』に収録され、全米R&Bシングル・チャート最高17位を記録した"BMO"。


BMO

Ari Lennox

この曲のコーラス・パートは、Patti LaBelleが在籍していた女性グループLabelleのシングル"Lady Marmalade"の歌詞で出てくる、あの印象的な"Gitchi gitchi ya ya da da"というフレーズを借用。


Lady Marmalade

LaBelle

曲名の「BMO」は「Break Me Off」の略語で、「私にもう少し時間を与える」という意味合いである一方、「私を気持ちよくさせて」という性的なニュアンスで使われることも。


Ari Lennoxが歌う"BMO"は、彼氏と家でゲームをして過ごしている時間に、私、今日凄くしたい気分なの。あなたは私が欲しいものを持っているわ、疲れるまで私を満足させてよ。気持ちよくさせてね。電気が消えたらゲームをやめてこっちへ来て。私の好きなやり方でやって。優しくゆっくりねと、女性から男性を誘惑するセクシーなラブ・ソング。


この曲のトラックは、カナダの作曲家Galt MacDermotが'69年に発表した"Space"をサンプリングしており、これまでにBusta RhymesやSnoop Doggといったヒップホップ・アーティスト達も使用した、ブラック・ミュージックではお馴染みのサンプリング・ソースの定番曲。


Space

Galt MacDermot

この"Space"をサンプリングしたR&Bとして有名な1曲が、'95年にFaith Evansが発表したシングル"I Just Can't"で、この曲もどうしても自分の気持ちを感じずにはいられないの。この愛が本物であることを見せて欲しい。あなたが私にしてくれること、それが大好きなのと、女性目線のラブ・ソングであることから、Ari Lennoxの"BMO"は「Faith Evansの"I Just Can't"をアップデートした楽曲」と言えそうですね。


I Just Can't

Faith Evans



Missy ElliottとTotalからもインスパイア


"BMO"のMVは、Ari Lennoxがバスタブの中でセクシーに歌う描写が印象的ですが、この演出はある2つのMVからインスパイアされたとのことで、1つが'97年にMissy Elliottがリリースした"The Rain (Supa Dupa Fly)"。


The Rain (Supa Dupa Fly)

Missy Elliott

そしてもう1つが、The Notorious B.I.G.との共演で知られる女性R&BグループTotalが'98年に発表した"Trippin"で、この曲はMissy Elliottがプロデュースを担当した楽曲でした。


Trippin

Total

"BMO"のベースとなったであろう"I Just Can't"を歌ったFaith Evans, そしてMVのインスパイア源になった"Trippin"を歌うTotalは、共にSean Combsのレーベル[Bad Boy Records]に在籍していたアーティストだったので、"BMO"は「[Bad Boy Records]へオマージュを捧げた1曲」とも言えるかもしれないですね。


また、「GQ」のインタビューで影響を受けたアーティスト達の名前を一挙に答えたAri Lennoxですが、誰よりも先に名前をあげたアーティストがMissy Elliottだっただけに、Ari Lennoxの「Missy Elliott愛」は相当なものとも言えそうですね。


・Missy Elliott

・Tweet

・SWV

・702

・En Vogue

・Anita Baker

・Oleta Adams

・Billy Ocean

・D'Angelo

・Bilal

・Chaka Khan

・Aretha Franklin

・Omarion

・Ciara

・Ashanti

・Petey Pablo

・Kanye West

・Common

・Jazmine Sullivan

・Chrisette Michele

・Floetry


そんな"BMO"は、後にDoja Catを迎えたリミックス・バージョンも発表され、こちらも大きな話題に。


BMO (Remix) feat. Doja Cat

Ari Lennox



Erykah Baduと比較されることにうんざり?


具体的な名前をあげ、過去の多くのレジェンド達から影響を受けたと語ったAri Lennoxですが、ファン達は彼女の歌声を、D'Angeloと共に'90年代に「ネオ・ソウル」のムーブメントを起こしたErykah Baduと度々比較しているようで、この意見に対してAri Lennoxは「GQ」のインタビューにて次のようにコメント。

「この比較にはうんざり。Erykah Baduは素晴らしいし、レジェンドよ。でも私にとって、もし私の音楽が彼女の様に聴こえるなら、私が自分のアーティストになる余地はないの?更に、私は彼女に会ったことは一度も無いの。沢山の理由で怖いわ、私がErykah Baduの音楽を盗んだと彼女に思われたくない。念のために言っておくけど、私は彼女の音楽を沢山聴いてきたわ。誤解しないで。だけど、私はMissy Elliott, Tweet, SWV, 702, En Vogue, Anita Baker, Oleta Adams, Billy Ocean, D'Angelo, Bilal, Chaka Khan, Aretha Franklin, Omaion, Ciara, Ashanti, Petty Pablo, Kany West, Common, Juzmine Sullivan, Chrisette Michele, Floetry...彼らの全てを聴いて、彼らを研究してきたの」

アーティストの考え方次第ですが、基本的には比較される事を嫌い、オリジナルの存在として見てほしいと願うのが、恐らくアーティストの本音。


Erykah Baduと比較する多くのファン達は、間違いなくAri Lennoxに対してのリスペクト心があってこその褒め言葉だったものの、Ari Lennoxに対しては逆効果になってしまったようですね。


何れにせよ、レジェンドErykah Baduとの比較を一掃する芯の強さを持っているAri Lennoxだけに、今後のシーンからはAri Lennoxのフォロワーが次々と生まれるに違いない、そう思わせる力強いエピソードでした。


ちなみに、Ari Lennoxは自身の歌声を脆弱だけどソウルフル、不完全だけどチャーミングと表現しています。



タグ:

Comments


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page