top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Girls Tyme▶︎▶︎デスティニーズ・チャイルド、デビュー前のグループ名はガールズ・タイムだった。


Destiny's Childは、デビュー前のグループ名がGirls Tymeだった

Beyonceを中心に結成され、"Say My Name"、"Survivor"などのヒットで知られるDestiny's Childですが、そのDestiny's Childとしてデビューする前のグループ名はGirls Tymeというグループ名でした。


'90年頃に、Beyonceの地元米テキサス州ヒューストンにて、幼馴染のKelly Rowlandと共に結成されたGirls Tyme。


結成当初からメンバー・チェンジを繰り返し、結果的に後のDestiny's Childも含めると、このグループのメンバーに携わった人数は30人以上となったそうです。


ちなみに、Princeの秘蔵っ子としてデビューしたTamar Davisも、Girls Tymeのメンバーとして活動していました。


Tamar Davis

Heartbeat

Girls Tymeは'92年頃から本格的にアーティスト活動をスタートさせ、当時最大の規模感で放映されていた人気TVショー「Star Search」に出演。


この頃はまだBeyonceの父Mathew Knowlesがグループのマネージメントを担当していませんでしたが、「Star Search」で優勝を逃したことをきっかけに、Mathew Knowleがグループのマネージメントを本格的に行うために当時勤めていた会社を辞職。


Beyonceも学校を中退し、親子で本格的にショー・ビジネスの世界で勝負する道を選びました。

その後、Mathew Knowlesの意向で4人にまでメンバーが絞られたGirls Tymeは、当初[Elektra Records]と契約を結び、レコーディングにまで漕ぎ着けるも結局レーベルの意向でプロジェクトは頓挫。


'95年に、後のDestiny's Childの作品にも携わることとなるTony! Toni! Tone!のメンバーDwayne Wigginsのレーベル[Grass Roots Entertainment]と契約し、翌'96年には[Columbia Records]からデビュー・アルバムのリリースを計画。


しかし、周知の通り当時Girls Tymeのアルバムがリリースされることはありませんでした。

Girls Tymeが狙っていたポジションは第2のTLC?

'90年代当時にアルバムの制作を進めていたものの、結果的にリリースされることなく終わったGirls Tymeのデビュー・アルバムでしたが、当時に制作していたアルバムが2019年に突如リリースされました。


アルバム名は『Destiny's Child: The Untold Story Girls Tyme』で、Beyonceが最も影響を受けたグループとして挙げているJackson 5も歌った"I Wanna Be Where You Are"のカヴァー曲を筆頭に、内容はTLCのデビュー・アルバム『Ooooooohhh... On the TLC Tip』のフォロー作といったニュー・ジャック・スウィング主体の内容に。

今回のアルバムは、Girls Tymes時代に録音された音源を1枚のアルバムにまとめたコンピレーション・アルバム的な位置付けのようで、Mathew Knowlesが2000年代初頭にアルバムのマスター音源を買い取り、2019年のホリデー・ギフトとしてクリスマス・シーズンに合わせた今回のリリースとなったようです。


Girls Tyme

Destiny's Child: The Untold Story Girls Tyme

アートワークが当初のデザインから変更

映画「Charlie's Angel」を思わせるシルエットのデザインが目を引く左側のアートワークに写るのは、Beyonce, Kelly Rowland, そしてGirls Tyme結成時のメンバーでもあるLaTavia Robersonの3人で、Girls Tyme, そしてDestiny's Childの初期メンバーLeToya Luckettはこののアートワークには含まれていない模様。


この左側のアートワークがリリース当初のデザインで、現在は右側のデザインに変更されています。

関連記事

Beyonce公認の実力、でも謎だらけ。

Sygnatureは、4人組の白人R&Bグループだった。

P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page