• R&B SOURCE編集部

「TLCの妹分」Blaqueが、未発表アルバム『Torch』を遂に解禁。「私達にとっての記念日に、ファンが待ち続けていたアルバムを発表出来て嬉しいわ」

最終更新: 7月17日


未発表アルバム『Torch』が遂に解禁

TLCのLeft Eyeのサポートを受け、TLCの妹分的なポジションでデビューしたBlaque。


今回のアルバム『Torch』は、彼女達の通算3枚目のスタジオ・アルバムとして、当初は2003年にリリースされる予定でした。


しかし、彼女達のメンターでもあったLeft Eyeが2002年に不慮の事故でこの世を去ってしまった経緯もあってか、当時『Torch』がリリースされることはありませんでした。


一時は解散状態にまで陥ってしまったBlaqueでしたが、デビュー20周年の節目にお蔵入りしていたアルバム『Torch』の音源を遂に公開(Blaqueは'99年6月1日にデビュー・アルバムを発表)。


アルバム『Torch』は、Blaqueの代表曲の1つ"I'm Good"も手がけたRodney Jerkinsプロデュースのパワフルなバウンス・ビート"Blackout"で幕開け、Missy Elliottプロデュースの"Ugly"、Warryn Campbell制作のスムース・トラック"If It Was Me"、Dru HillのJazzが手がけたスロウ"Fall Through"など、豪華プロデューサー勢が手がけた珠玉の14曲を収録。


Left Eyeがメンバー3人を見守っているかのようなアートワークも印象的ですね。


「私達にとっての記念日に、ファンが待ち続けていたアルバムを発表出来て嬉しいわ」


Blaque (ブラック)

Torch

2度も起きてしまった不運な事故死

「人生を信じ、全てにおいて結束を求め続ける」という意味の「Believing in Life and Achieving a Quest for Unity in Everthing」の頭文字をとったBlaqueは、Natina Reed, Shamari Fears, Brandi Williamsの3人で結成されたR&Bユニット。


ユニット内でラップ・パートを担当していたNatina Reedが、かねてからTLCのLeft Eyeと親交があったことから、Left Eyeのサポートを受けTLCの妹分的なユニットとしてアルバム『Blaque』で'99年にデビュー。


Left Eyeも参加した"I Do"、NSYNCを迎えた"Bring It All To Me"などのシングル曲も話題となり、デビュー・アルバムは100万枚のセールスを超えるプラチナ・ディスクを獲得しました。


Left Eyeの後ろ盾もあり、TLCのフォロワーとして期待通りのスタート・ダッシュに成功したものの、2001年にシングル・リリースされた"Can't Get It Back"を収録したセカンド・アルバム『Blaque Out!』は、メンバーNatina Reedの出産などを理由にお蔵入りに(しかし、当初予定されていたトラックリストに一部変更が加えられたものの、Beyonceの父Mathew Knowles運営のインディーズ・レーベル[Music World Entertainment]から後にデジタルでリリース済み)。

その後の2002年に、ユニットを献身的に支え続けてきたLeft Eyeの事故死により、Blaqueは翌2003年に[Elektra Records]に移籍。


Jessica Alba主演のダンス映画「Honey」のサウンドトラックで大々的にフォーカスされたダンス・トラック"I'm Good"で再び勢いを取り戻すも、同レーベルにて制作されていた今回のアルバム『Torch』は敢え無くお蔵入りに。


一度は解散状態になったものの2008年頃にBlaqueは再始動し、Left Eyeの10周忌となる2012年に7月に開催された「Left Eye Music Festival」にメンバー3人で出演。


しかし、Blaqueの本格再始動が期待され始めた最中、Left Eye愛弟子でBlaqueのリーダーでもあったNatina Reedが、Left Eye没後ちょうど10年後の2012年に、奇しくもLeft Eyeと同じ事故死でこの世を去ってしまいました。


デュオ体制になった新生Blaque

まるでTLCに起きた悪夢が再現されてしまったかのように、偶然にしてはあまりにも不運な一致が起きてしまったBlaque。


Natina Reed亡き後、Blaqueの再始動は絶望かと思われていましたが、2013年にShamari Fears, Brandi Williamsの2人体制でシングル"Summertime Riding"、翌2014年にシングル"Today"をリリースし、TLCと同じくデュオとして再始動。


そして、今回のアルバム『Torch』の発表へと至りました。


Shamari Fears, Brandi Williamsは当然3人でこのリリースを祝いたかったはずですが、Brandi WilliamsはNatina Reedに関してこんなコメントを残しています。


「彼女はソングライターとしても本当に優秀だったわ。私達がメジャー・レーベルと取引するためのデモ音源は彼女が書いた曲だったの。


彼女は、音楽的にもファッション的にもこのBlaqueに対する明確なビジョンを持ってたわ。とてもクリエイティヴで、彼女は本当に素晴らしかった」



関連記事

Destiny's Child, デビュー前のグループ名はGirls Tymeだった。

Beyoncéが認めた幻のR&BグループSygnature。

「サヨナラなんて言えない...」"Hold Me"で共演したBrian McKnightが、Kobe Bryantへ捧げるバラード"Can't Say Goodbye"を発表。

730回の閲覧

今週の人気記事

Freak Meネタ
恩師はMJ
NJS新時代
平日予約は半額
SNSでRTの嵐
気分はリョータ
MJの隠し子?
Aaliyahネタ
90's カヴァー集
娘に捧げた曲
Show More

最新の記事

​​私達にできることは、

世界中の素晴らしい音楽を紹介する。

​ただそれだけです。

rnb source.png

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

 © 2020 rnbsource.com All Rights Reserved.