• R&B SOURCE編集部

Mariah Carey▶︎▶︎NBA史上最も美しい瞬間。マイケル・ジョーダンが、"Hero"に涙した理由とは?


NBA史上最も美しい瞬間

'90年代にChicago Bullsを6度の優勝に導き、Bulls王朝を築いた神様Michael Jordan。


2度目のスリーピートを達成した'98年に引退を表明したものの、2001年にWashington Wizards(八村塁が所属するチーム)の一員として現役復帰。


Washington Wizardsでは2シーズンのみのプレイでが、Michael Jordanにとってキャリア最後の1年となった2002年〜2003年のシーズン終了前に、この年で引退することを事前に表明。


そんなMichael Jordanにとって最後の出場となった2003年のNBA All-Starゲームのハーフ・タイム・ショーにて、歌姫Mariah Careyによる粋な演出がありました。


Michael Jordanと同じ背番号23のワンピース型ユニフォームを纏ったMariah Careyが披露した歌が、彼女自身の代表曲として知られる"Hero"。


Michael Jordanの栄光をまとめた映像をバックに歌う"Hero"のパフォーマンスが感動的な空間となり、このパフォーマンスを見たMichael Jordanの目には涙が。


NBA史上最も美しい瞬間の1つとして、人々の記憶に焼き付いた歴史的なパフォーマンスとなりました。


Mariah Carey (マライア・キャリー)

Hero - Michael Jordan Tribute

全ての人を真実に導く応援歌"Hero"

世界中の人々のヒーローだったMichael Jordan。


全米シングル・チャート1位を記録したMariah Careyの"Hero"は、「英雄(Hero)は常にあなたの中にいる。自分の中を覗けば、恐れは消えて真実に気づく」といった、人生の教えのようなメッセージが詰め込まれたMariah Careyの代表曲の1つ。


あらゆる障壁を乗り越え、夢を実現させたMichael Jordanの功績を称えるにはこれ以上の適役はないというほどの1曲ですが、人生に行き詰まった時に聴くと自分らしく生きる為の活力をチャージできる、そんな誰の心に寄り添ってくれる人生の応援歌ですね。


Mariah Carey

Hero


関連記事

神様Michael Jordanが出演した幻のNew Jack Swing。"Anything Is Possible"はどこで聴ける?

「サヨナラなんて言えない...」Brian McKnightが、Kobeへ捧げるバラード"Can't Say Goodbye"を発表。

バスケ映画「コーチ・カーター」が教えてくれた「本当に恐れているものは?」の意外な答え。

▶︎TOPICS

1
2

▶︎R&B

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

About         Privacy Policy

 © 2021 rnbsource.com All Rights Reserved.

人生を変える1曲を届けたい