• R&B SOURCE編集部

Bobby Brown▶︎▶︎リリースされずに消えたアルバム『Mystical Magic』。そして幻のNJS"From the Outside"。


リリースされずに消えた幻のニュー・ジャック・スウィング"From the Outside"

New Editionのメンバーとしてデビューし、ソロ転向後も絶大な人気を集めたBobby Brown。


'80年代後期から大流行したニュー・ジャック・スウィングを取り入れた"Every Little Step"、"My Prerogative"などをヒットさせ、当時のシーンの中心に君臨していたR&Bキング。


そんなBobby Brownは、'86年にアルバム『King of Stage』でデビューし、'88年に発表したセカンド・アルバム『Don't Be Cruel』が全米アルバム・チャート1位を記録し大ブレイク。


『Don't Be Cruel』の成功後、プライヴェートではWhitney Houstonと結婚するなど全てを手に入れたBobby Brownが次に発表したアルバムは'92年リリースの『Bobby』ですが、実は『Don't Be Cruel』と『Bobby』のリリースの間に『Mystical Magic』というアルバムをリリースする予定でした。


この『Mystical Magic』に収録される予定だった楽曲が、"From the Outside"という楽曲。


Bobby Brownの過去のプロモーション・ヴィデオで、この曲を一部披露している場面がおさめられていたそうですが、このBobby Brownの未発表曲を歌い直した強者がいます。


それが、自ら「ニュー・ジャック・スウィング・シンガー」と名乗るDerric Gobourne Jr.です。


関連記事: アルバム『Supremacy』でNJSを完璧に再現したDerric Gobourne Jr.。しかもこの人、まだ19歳。


Derric Gobourne Jr. (デリック・ゴボーン・ジュニア)

From the Outside

もう1つの未発表曲"Tap Into My Heart"

"My Prerogative"タイプの攻撃的なニュー・ジャック・スウィングで、いかにもBobby Brownらしい雰囲気の1曲でしたが、アルバム『Mystical Magic』は'91年にリリース予定だったとのこと。


当時、Bobby Brownはアルバム『Don't Be Cruel』のワールド・ツアーを行なっていた時期で、日本でもライヴが行われていました。


当時のインタビューで日本のファンはバラードの時でも立ち上がって聴いてくれる。お金を払った分だけ楽しもうとするし、まるで僕を本当の家族のように扱ってくれるんだと日本のファンを大絶賛。


多忙を極めていたBobby Brownでしたが、同時にステージ上で生行為をシミュレートしたことが問題視され、トラブルに起こしていた時期。


結局アルバム『Mystical Magic』が発表されることなく、プロジェクトは頓挫。


残念な結果となってしまった『Mystical Magic』に収録される予定あったもう1つのニュー・ジャック・スウィングが"Tap Into My Heart"という楽曲で、この曲は1990年の「MTV Video Music Awards」にて披露されました。


Bobby Brown (ボビー・ブラウン)

Tap Into My Heart



関連記事

"My Prerogative"のレコーディング時、Bobby BrownとTeddy Rileyは「ある事」で揉めていた。

「"Every Little Step"の一部は、Ralph Tresvantが歌った」Bobby Brownの元マネージャーが激白。

Bobby Brownの"Rock Wit'cha"は、あのR&Bシンガーに捧げた曲だった。そのお相手は一体誰?

▶︎TOPICS

1
2

▶︎R&B

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

About         Privacy Policy

 © 2021 rnbsource.com All Rights Reserved.

人生を変える1曲を届けたい