• R&B SOURCE編集部

R. Kelly▶︎▶︎ジョーの名曲"More & More"。元々はR. ケリーが歌っていた曲だった。

最終更新: 3月1日


Joeのあの名曲は、元々はR. Kellyが歌っていた曲だった

Joeの代表曲として愛されるフロア・クラシック"Ride wit U feat. G-Unit"を収録したアルバム『And Then...』が発表されたのが2003年12月。


同曲は全米シングル・チャート最高56位を記録しましたが、これ以上にチャート・アクションが好調だった曲が、同じく『And Then...』に収録され、同チャートにて最高48位を記録した"More & More"。


Joeのベスト・アルバム『Greatest Hits』にも収録されるほどの人気を集めた1曲ですが、この曲はR. Kellyのプロデュース曲としても話題となりました。


そんな"More & More"、実は元々はR. Kellyが自身のアルバムに収録する予定の楽曲で、R. Kelly自身が歌っているヴァージョンも存在しています。


R. Kelly (R. ケリー)

More & More

R. Kellyのアルバムに収録予定だったものの、アルバムがお蔵入りに

Joeの『And Then...』のリリースと同じ2003年の2月に、R. Kellyはアルバム『Chocolate Factory』を発表しましたが、実はこの前年の2002年にR. Kellyは『Love Land』というアルバムをリリースする予定でした。


同アルバムは、アートワークなども全て完成し、CDがパッケージされる形まで制作を終えていましたが、あえなくお蔵入りに。


R. Kelly自身が歌う"More & More"は、この『Love Land』に収録されていた楽曲でした。


残念ながら『Love Land』はリリースされることはありませんでしたが、同アルバムに収録されていた楽曲が『Chocolate Factory』のボーナス・トラックとして数曲収録されました。


ちなみに、Joeの『And Then...』には、もう1曲R. Kellyが手がけた"Make You My Baby"という楽曲が収録されていましたが、同曲もアルバム『Love Land』に収録されていた楽曲でした。


R. Kelly

Make You My Baby

僕たちのスタイルが似てしまうのはしょうがないよ

元々はR. Kelly自ら歌っていた楽曲を、後にJoeが歌う直すという形になった"More & More"と"Make You My Baby"でしたが、かつてR. Kellyは「Vibe誌」にJoeは俺のスタイルを真似するんじゃなくて、Joeのオリジナルのスタイルを見出してくれるプロデューサーと仕事をすべきた。良い声を持っているんだからと、Joeに対する意見を述べていました。


このR. Kellyの意見に対して、Joeは過去のインタビューで以下のように答えています。


結局、俺たちは同じような音楽を愛聴している。彼はR&Bが好きだし、俺はクラシック・ソウルを好んで聴く。


俺たちのスタイルのが似てしまうのはしょうがないよ、だって好きなものが同じなんだから。


誰と誰が似ているなんていう話は昔からされるもので、彼に似ていると言われるのは光栄だよ。彼の音楽は好きだからね



関連記事

「Tevin Campbellの"Can We Talk"は俺が歌う曲だった」と、Usherが衝撃の告白。

Joeが手がけた幻のスロウ。The Product G&Bの"Black Rose"。

Ne-Yo本人も参加した、もう1つの"Because of You"。