top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Usher▶︎▶︎当初はMJBの為に書かれたものの、ある理由でアッシャーの曲になった"Don't Waste My Time"。


usher ella mai don't waste my time

元々はMary J. Bligeの曲になる予定だった"Don't Waste My Time"


全米シングル・チャート制したUsherの代表曲"Burn"を手掛けたことでもお馴染みの、Bryan-Michael CoxとJermaine Dupriのタッグがプロデュースを担当した"Don't Waste My Time"。


Usher

Don't Waste My Time feat. Ella Mai

「この曲が出来上がった当初、聴けば聴くほど女性の視点が必要だと思い始めたんだ。それで、セカンド・バースを女性視点の歌詞に書き直したんだ。そして、この曲にはあの子の歌声が必要だと思って、その後すぐに連絡を取ったよ。俺は彼女の歌声のファンなんだ。この曲は、俺達2人にとっても完璧な出来だったと思うよ」

「Billboard」のインタビューにこのように答えたUsherは、この曲で念願だったというElla Maiとのコラボレーションを実現し、また「Rolling Stone」のインタビューにてR&Bは死んでいないし、私達はこの曲を再びメインストリームに持っていくことが出来ると語ったのは、Usherから直々に指名を受けたElla Mai。


全米アダルトR&Bソングス・チャートで1位を獲得したこの"Don't Waste My Time"は、Usherを師と仰ぐシンガー/ソングライターVedoがソングライトを担当しており、Vedo本人が語った内容によると、この曲は当初Mary J. Bligeの曲になる予定だったそう。


Jermaine DupriからMary J. Bligeの楽曲制作を手伝って欲しいと相談を受けたVedoは、女性目線で"Don't Waste My Time"の歌詞を書き進めていくも、徐々に男性が主人公の曲へと変わっていき、完成した曲を聴いたJermaine Dupriがこの曲はUsherが歌った方が良いと判断して、結果的にUsherが歌うことになったとのこと。

Usher自身は、この曲からはMichael Jacksonの音色を沢山感じるよ。曲の雰囲気は、Michael JacksonとPaul McCartneyのデュエット・ソング"The Girl Is Mine"に似ていると思うよとコメント。


また、Teddy RileyがプロデュースしたHi-Five"I Like The Way (The Kissing Game)"のドラム・ビートをサンプリングするなど、話題尽くしとなった2019年のR&Bヒット・ソング。


Hi-Five

I Like The Way (The Kissing Game)

公開されたMVは、豪邸を舞台にプールサイドでのパーティーを演出した内容で、ラッパーSnoop Doggがシェフ役で登場し、また今回のシングルのプロデューサーでもあるJermaine DupriがDJとして登場。


更に、ヒットメイカーEric Bellingerに、Sean "Diddy" Combsの実息としても知られるラッパーKing Combsも出演しています。


Usherの関連記事



タグ:

Comments


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page