top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Boyz Ⅱ Men▶︎▶︎チャートで振り返る、ボーイズⅡメンの名曲ランキングBEST 10。


Boyz Ⅱ men ランキング
チャートで振り返るBoyz Ⅱ Menの名曲ランキングBEST 10

「キング・オブ・ハーモニー」と呼ばれる、圧倒的な歌唱力と美しすぎるコーラスで万人を魅了した、音楽史上最も偉大なボーカル・グループBoyz Ⅱ Men。


これまでに発表したアルバムの総売上枚数は全世界で6,000万枚を超え、また4度受賞したグラミーを筆頭に無数のアワードを制するなど、他を凌駕する圧倒的な結果を残し続け、'90年代のR&B黄金期を築いた立役者。 今回は、全米シングル・チャートの結果をもとに、Boyz Ⅱ Menのベスト・ソングをランキング形式で振り返ってみました。

 

10. A Song For Mama (1997)

Boyz Ⅱ Men

全米シングル・チャート: 最高7位

映画「Soul Food」のサウンドトラックにも収録。


作詞作曲はBabyfaceが担当。

 

9. In the Still of the Night (I'll Remember) (1993)

Boyz Ⅱ Men

全米シングル・チャート: 最高3位

'50年代に活躍したグループThe Five Satinsのカバー曲で、Jackson家の物語を描いたTVシリーズ「The Jacksons: An American Dream」のサウンドトラックにも収録。


全米R&B/ヒップホップ・ソング・チャートは最高4位で、全英シングル・チャートは最高27位。

 

8. Motownphilly (1991)

Boyz Ⅱ Men

全米シングル・チャート: 最高3位

Dallas AustinがプロデュースしたBoyz Ⅱ Menのデビュー曲。


全米R&B/ヒップホップ・ソング・チャートは最高4位で、全英シングル・チャートは最高23位。

 

7. Water Runs Dry (1995)

Boyz Ⅱ Men

全米シングル・チャート: 最高2位

Babyfaceが作詞作曲を担当し、セカンド・アルバム『Ⅱ』に収録。


全米R&B/ヒップホップ・ソング・チャートは最高4位。

 

6. It's So Hard to Say Goodbye to Yesterday (1991)

Boyz Ⅱ Men

全米シングル・チャート: 最高2位

'70年代に活躍した女性シンガーG.C. Cameronのカバー曲。


全米R&B/ヒップホップ・ソング・チャートは1位を記録。

 

5. On Bended Knee (1994)

Boyz Ⅱ Men

全米シングル・チャート: 1位

全米R&B/ヒップホップ・ソング・チャートは最高2位で、全英シングル・チャートは最高20位。


'95年ビルボード年間シングル・チャートは5位。

 

4. 4 Seasons of Loneliness (1997)

Boyz Ⅱ Men

全米シングル・チャート: 1位

Jam & Lewisが作詞作曲を担当し、アルバム『Evolution』に収録。


全米R&B/ヒップホップ・ソング・チャートは最高2位で、全英シングル・チャートは最高10位。



3. End of the Road (1992)

Boyz Ⅱ Men

全米シングル・チャート: 1位

13週連続で全米シングル・チャート1位を記録した歴史的名曲。


しかし、当時の[Motown Records]はこの曲を気に入っていなかったとのこと。

 

2. I'll Make Love To You (1994)

Boyz Ⅱ Men

全米シングル・チャート: 1位

"End of the Road"の記録を塗り替え、14週連続で全米シングル・チャート1位を記録。


第37回グラミー賞「Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocal」受賞曲。

 

1. One Sweet Day (1995)

Mariah Carey, Boyz Ⅱ Men

全米シングル・チャート: 1位

"I'll Make Love to You"の記録を塗り替え、16週連続で全米シングル・チャート1位を記録。


Mariah Careyのヒット曲を数多く手掛けたものの、'95年に急死してしまったC+C Music FactoryのメンバーDavid Coleに捧げた楽曲。

 
Boyz Ⅱ Menの関連記事


Comments


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page