検索
  • R&B SOURCE編集部

Johntá Austin▶︎▶︎長かった...待ち続けたデビュー・アルバム『Love, Sex, & Religion』が遂に登場。


長かった...R&Bシーンが待ち望んだデビュー・アルバム

幻と化したデビュー・アルバム『Ocean Drive』リリースがアナウンスされたのは、2005年。


あれから15年近くの歳月が流れましたが、R&Bシーンが待ち続けたJohntá Austinのデビュー・アルバムが遂に登場です。


幻のアルバム『Ocean Drive』は当時[Virgin Records]からリリースが予定されていましたが、デビュー・アルバムとなった今回の『Love, Sex, & Religion』は、『Ocean Drive』の内容とは全くの別物。


Trey Songzのプロデューサーとしても知られる巨匠Troy Taylorを含め、Bryan Michael Cox, Jermaine Dupriも制作メンバーとして参加。


アルバムのフューチャリング・ゲストとして、Troy Taylorのサポートを受けてデビューした女性シンガーBobbi Stormに、かつて[So So Def]に所属していたDondria NicoleことDondriaと、Johntá Austinと所縁のある2人が参加しています。


Johntá Austin (ジョンティ・オースティン)

Love, Sex, & Religion

若くしてその才能を開花させたJohntá Austin

そもそも「この人、誰...?」といった具合に、若いリスナーの方はJohntá Austinをご存知ない方も多いかもしれません。


時は2000年代後半、当時のR&Bシーンを支配していたNe-Yoがセカンド・アルバム『Because of You』を2007年に発表しその人気を不動のものとし、Ne-Yoの影響で男性R&Bアーティスト達が次々と活躍の場を広げていった時期。

男性R&Bアーティスト達にとって最高の舞台が仕上がっていたこの時期にリリースが予定されていて、メガ・ヒット確実と言われていたのがJohntá Austinのアルバム『Ocean Drive』でした。


そんなJohntá Austinのキャリアを簡単に振り返ってみると、8歳の頃からショー・ビジネスの世界で活動をスタートし、地元米アトランタに本拠地を構えるケーブル・テレビCNNのウィークリー・ニュース・プログラム「Real News For Kids」にてリポーターを務めていました。


Michael Jackson, Michael Jordanといった著名人のインタビューなどもこなすなど、ティーンズ時代から大きなスケールで動き続けてきたJohntá Austinは、13歳の時にコメディアンのArsenio Hallが主催した深夜のトーク・ショー番組「The Arsenio Hall Show」にて歌手としてテレビ・デビューを果たし、この出来事がきっかけでアーティストへの道を本格的に志したそうです。

'90年代中期には既に[RCA]と契約していたJohntá Austinでしたが、最初に彼の名前がクレジットされた楽曲は、[Island Records]から'96年にアルバム『11-20-79』でデビューしたMona Lisaのシングル"Can't Be Wasting My Time"でした(この時でJohntá Austinはまだ16歳)。


2年後の'98年に、Trey Songzのプロデューサーとしてもお馴染みのTroy Taylor率いるThe Charactersと共にTyrese"Sweet Lady"のソングライティングを担当。この1曲がきっかけでJohntá Austinの名前がR&Bシーンにて急浮上することとなりました。


関連記事: Tyreseの名バラード"Sweet Lady"、実はカール・トーマスが書いた曲だった。でもクレジットに彼の名前はない...ナゼ?


Tyrese (タイリース)

Sweet Lady

歴史的ヒット曲を量産した稀代のヒットメイカー

その後もAaliyah"Miss You"、Toni Braxton"Just Be a Man About It"などのヒット曲を手がけ、Johntá Austinの勢いは2000年代中期にはピークに。


全米シングル・チャート14週1位という快挙を達成したJermaine Dupri, Babyfaceらとの共作曲Mariah Carey"We Belong Together"を筆頭に、Chris Brown"Yo (Excuse Me Miss)"、Mary J. Blige"Be Without You"など、計100曲以上ものヒット曲を生み出し、2000年代のR&Bシーンにおいて不可欠な存在のヒット・メイカーとなりました。

これだけのキャリアを積んだ実力派が、表舞台に出てシンガーとしてアルバムをリリースするという流れになったので、当時のR&BシーンにおいてJohntá Austinのアルバム・デビューという話題は本当に大きなトピックの1つでした。


しかし、予定されていたアルバムは度重なるリリースの延期が続き、その間にJohntá Austinも所属レーベルの移籍などもあったりと、結局は"Lil More Love"、"Turn It Up"といった複数のシングル曲のみを残し、リリース予定だったデビュー・アルバム『Ocean Drive』はお蔵入りとなってしまいました。

結果的に『Ocean Drive』がリリースされることはありませんでしたが、その後も変わらずアーティストに楽曲提供を続けてきたJohntá Austinは、2019年6月に長年Johntá AustinをサポートしてきたTroy Taylorも制作に携わったソロ曲"Love Angel"を突如発表。


勢いそのままに、待望のデビュー・アルバム『Love, Sex, & Religion』が完成したという流れです。


アルバムからは、"Love Angel"のMVが公開されました。


しかし、本当に長かった...

Johntá Austin

Love Angel



関連記事

「R&Bはもっとシルキーだった」ヒットメイカーEric Bellingerが語る、R&Bに対する危機感とは?

「凄すぎる」とネット上に絶賛の嵐。Kevin Rossが1人で歌う"90's R&B MashUp"が、本当に凄すぎた。

実はカヴァーだった?Jacob Latimoreが歌う"Heartbreak Heard Around the World"は、元となる曲があった。

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

 © 2020 rnbsource.com All Rights Reserved.

人生を変える1曲を届けたい