• R&B SOURCE編集部

Tyrese▶︎▶︎"Sweet Lady"は、実はカール・トーマスが書いた曲だった。でもクレジットに彼の名前はない...ナゼ?


実はCarl Thomasが書いた曲

俳優としても活躍する肉体派R&BシンガーTyrese。


数々の名曲を残してきたTyreseの楽曲の中でも、特に人気の高い1曲が'98年発表のスロウ・ジャム"Sweet Lady"。


この曲は、Trey Songzの才能を見出したTroy Taylor, そしてJohntá Austinが手がけた楽曲としても知られていますが、Carl Thomas本人いわく実は"Sweet Lady"は俺が書いた曲なんだとのこと。


Tyrese (タイリース)

Sweet Lady

Carl ThomasとTroy Taylorは共に活動していた

Carl Thomasは、ソロ・デビュー前にThe Formulaというグループで活動。Troy Taylorのプロデュース・チームThe Charactersが手がけたシングル"Pass It Over"を残しています。


Carl ThomasとTroy Taylorは教会で出会い意気投合し、The Formulaのプロジェクトに繋がったそうですが、結果的にThe Formulaのプロジェクトは失敗。


しかし両者の良好な関係は続き、Troy Taylorが携わることとなったTyreseのシングルにCarl Thomasも関わることとなったそうです。


Carl Thomas本人いわく、Tyrese"Sweet Lady"はCarl Thomasが書いた曲とのことですが、クレジットにはCarl Thomasの名前は一切表記は無し。


このことに関しては、「制作の関係でクレジットはもらわなかった」とのことです。


"Sweet Lady"は、Tyreseのデビュー・アルバム『Tyrese』に収録さえれた楽曲で、全米シングル・チャート最高12位を記録。


この堂々たる結果は、Carl Thomasの功績も含まれていたということですね。


Tyrese

Tyrese


関連記事

Marques Houstonの"That Girl"は、B2Kのアルバム収録候補曲だった。

「"Every Little Step"の一部は、Ralph Tresvantが歌った」Bobby Brownの元マネージャーが激白。

「浮気相手が妊娠した」"Confessions, Pt. II"は、Usherの実話だった。

▶︎TOPICS

1
2

▶︎R&B

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

About         Privacy Policy

 © 2021 rnbsource.com All Rights Reserved.

人生を変える1曲を届けたい