top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Jason Derulo▶︎▶︎元々はオリー・マーズ用の曲だったものの、ある理由で歌えなかったという"Want To Want Me"。


jason derulo want to want me
ある理由で"Want To Want Me"を歌えなかったというOlly Murs

歌って踊れるポップ・スターJason Deruloが2015年にリリースした"Want To Want Me"は、爽快なテンポが心地良いディスコ調の1曲で、「隣に君がいなくて寂しいから、今すぐ会いに行くよ」と歌うラブ・ソング。


「眠れそうにないよ。


こんな状況、もう耐えられない。


苦しくて息も出来ないくらいだよ。


じっとなんてしていられない。


もう行かなくちゃ。


タクシーに乗って、ドライバーにチップを渡して急がせるよ。


君のことを考えるだけで、気分がハイになるんだ。


僕が欲しいのは君だけさ。


君も僕が欲しいなら、すぐにあげるさ。


出来ないことは何もないよ、何だってやってあげるさ。


今度は君の横で目覚めたいから」


Jason Derulo

Want To Want Me

iTunes: https://apple.co/3uDzX6Y

全米シングル・チャートは最高5位、そして2015年のビルボード年間シングル・チャートは17位にランクインするなど、Jason Deruloの代表曲として多くのファンに愛される"Want To Want Me"は、米国のみならず世界各地のチャートも席巻し、特に好調な結果を残したのが英国の音楽チャートで、全英シングル・チャート4週連続1位という大ヒットを記録。


しかし、この結果を素直に喜べなかったアーティストがいたようで、それが英国出身のシンガー/ソングライターOlly Murs。


人気オーディション番組「The X Factor」のシーズン6で準優勝に輝いた実力派ですが、実はJason Deruloの"Want To Want Me"は、元々Olly Mursが歌う予定だった曲。


Olly Mursはこの曲をレコーディングするも、キーが高すぎて歌うことが出来ず、その後Jason Deruloがこの曲で全英シングル・チャート1位を達成した結果に対して、自分の声で歌いきれなかったことに後悔したとのこと。


ちなみに、Olly Mursは"Want To Want Me"がリリースされるまでに、4曲のシングルで全英シングル・チャートを制しており、これだけの堂々たる結果を残しつつも、"Want To Want Me"を自分の声で歌いたかったと後悔するあたり、"Want To Want Me"に対しての思いがかなり強かったのかもしれないですね。


Olly Murs

Troublemaker feat. Flo Rida

iTunes: https://apple.co/3uK8651


Jason Deruloの関連記事

2000年代にデビューしたポップ・スターJason Deruloが歌う、これだけはおさえたい人気曲特集。



タグ:

  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
bottom of page