• R&B SOURCE編集部

Trey Songz▶︎▶︎「トレイ・ソングス」というアーティスト名、実は最初は誰も気に入っていなかった?

最終更新: 3日前


R&B界きってのイケメン・シンガー

Trey Songzといえば、高校時代から様々なコンテストで優勝し、ヴェテラン・プロデューサーTroy Taylorにその才能を見出され、名門[Atlantic Records]と契約した超実力派R&Bシンガー。


関連記事: 「R&Bは死んでいない」ヴェテラン・プロデューサーTroy Taylorが作り続ける、時代に左右されない正統派R&B。


誰もが認める実力を持ちながら、整ったルックスで世界中の女子達の視線を釘付けにする「セクシーR&Bシンガー」の代表格といったモテ男ですが、Trey Songzという名称はもちろん芸名で、本名はTremaine Aldon Neverson。


この「Trey Songz」というアーティスト名を付けたのが、彼のメンターでもあるプロデューサーのTroy Taylorですが、当初はこのアーティスト名を誰も気にってしなかったとのこと。


Trey Songz (トレイ・ソングス)

Circle

produced by A-Major, Troy Oliver, Troy Taylor

俺以外は誰も好きじゃなかった

Trey Songzは、過去のインタビューで以下のように語っています。


俺のメンターのTroy Taylorが曲を送ってきた時に、『Trey Songz』ってアポストロフィー無しで書いてきたのを気に入って、それでそのままアーティスト名にしたんだ。


最初は、この名前を俺以外の誰も気に入っていなかったけど、俺が譲らなかったら仕方なくこの名前にしたっていう感じさ


Trey Songzが[Atlantic Records]と契約した経緯には、同レーベルの創始者Ahmet Ertegunが彼の才能を絶賛したという流れがあったので、レーベル側よりもTrey Songz本人の意向を尊重するというスタンスが強かったようですね。


またルックスも整っているTrey Songzだけに、UsherやMarioのような「アイドル路線」で売り込むというアイデアがレーベル側から出ていても不思議じゃないですが、Trey SongzとTroy Taylorの意向とは異なっていた方向性だった為、そういった話は一切なかったとのこと。



関連記事

「彼らは売れないと思っていた」レーベルの読みが外れて大ヒットしたOmarionの"Post to Be"。

Troy Taylorが認めた才能。Devon Cultureは「第2のTrey Songz」になれるか?

「R&Bはもっとシルキーだった」ヒットメイカーEric Bellingerが語る、R&Bに対する危機感とは?

▶︎TOPICS

1
2

▶︎R&B

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

About         Privacy Policy

 © 2021 rnbsource.com All Rights Reserved.

人生を変える1曲を届けたい