• R&B SOURCE編集部

Sygnature▶︎▶︎ビヨンセ公認の実力、でも謎だらけ。彼らは4人組の白人R&Bグループだった。

最終更新: 1月3日


Beyoncéが認めた超実力派グループ

あのBeyoncéが認めたグループなのに、「幻のグループ」と呼ばれたSygnature。


話が若干矛盾していますが、このSygnatureが「幻のグループ」と表現された理由は大きく2つ。


1つは、彼らのアルバム『One Voice』が正規リリースさせずにお蔵入りになってしまったこと。


もう1つは、アルバム『One Voice』のアートワークがシルエットだったこと。


不明な部分だらけ、でもこのミステリアスなアーティスト像がマニア心をくすぐってしまいますが、SygnatureはBeyoncéがソロ・デビュー前に活動していたグループDestiny's Childのツアー・アクトを担当するほどの実力派。


正式にアルバム・デビュー出来ていればR&B史にその名を残したであろう、知る人ぞ知る隠れた名R&Bグループなんです。


ちなみに、こちらのアートワークがリリースされることがなかったSygnatureのCDアルバム。


Sygnature (シグネイチャー)

One Voice

Beyoncéの父がSygnatureをマネージメント

彼らがDestiny's Childのツアー・アクトを行うことが出来たのは、Beyoncéの実父としてお馴染みのMathew Knowlesがマネージメントを行なっていた為。


Destiny's Childと同じ[Sony Music]傘下の[Colombia Records]からSygnatureのアルバム『One Voice』がリリースさせる予定でしたが、完成していたアルバムはあえなくお蔵入り。2000年にリリース予定の作品でした。


ちなみに、Beyoncé, Maxwell, Eric Benét, Faith Evans, Kenny Lattimoreなど、錚々たるメンバーが集った'99年にリリースのサウンドトラック『The Best Man』に、Sygnatureが歌うスロウ・ジャム"Wherever You Go"が収録されていました。


Mathew Knowlesのサポートを受けた歌えるグループだっただけにアルバムの頓挫は非常に残念でしたが、実は2013年に『One Voice』はデジタルで突如音源が公開。


幻の音源が遂に入手可能となりました。


Sygnature

Wherever You Go

Sygnatureは白人4人組グループだった

SygnatureのメンバーはHayden Hajdu, Paul Lombardo, Patrick Scaglione, Dominic Scaglione, Jr.の4人。


あのシルエットのアートワークでは正体不明の4人でしたが、メンバーは全員白人。


2013年に発表された『One Voice』のアートワークに、メンバー全員の姿が写っています。


熱狂的なR&Bファン達をざわつかせた、雨音で始まる唯一のシングル曲"The Rain"も収録されていますが、当初のトラックリストと若干変更された全10曲の収録内容に。


クレジットこそされていませんが、Destiny's Childがヴォーカルで参加したキャッチーなミドル・トラック"Dance With Me"、美しいハーモニーを聴かせる絶品スロウ"Good Love"など、珠玉のR&Bがラインナップ。


Chris Brown, Raphael Saadiq, Whitney Houstonらの楽曲を手がけてきたCharlie Berealが、アルバム収録曲の大半をプロデュースしています。


Sygnature

One Voice



関連記事

ネット・オークションで6桁の値がついた幻のアルバム。Average Guyzの『First Come First Served』はナゼ桁違いに高額なのか?

Destiny's Childは、デビュー前のグループ名はGirls Tymeだった。

「誰にも公開したことがない」幻のNew Jack Swingがあった。Jason Hallidayの未発表アルバム、果たしてその内容は?

▶︎TOPICS

1
2

▶︎R&B

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

About         Privacy Policy

 © 2021 rnbsource.com All Rights Reserved.

人生を変える1曲を届けたい