top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Sygnature|ビヨンセ公認の実力。でも謎だらけ。このR&Bグループ、知ってる?

更新日:4月7日


Beyonceが認めた超実力派グループSygnature


あのBeyonceが認めたグループなのに、「幻のグループ」と呼ばれたSygnature。


話が若干矛盾しているものの、このSygnatureが「幻のグループ」と言われた理由は大きく以下の2つ。


アルバム『One Voice』が正規リリースさせずにお蔵入りになってしまったこと。

アルバム『One Voice』のアートワークがシルエットで、メンバーの正体が不明だったこと。


このミステリアスなR&BグループSygnatureは、Beyonceがソロ・デビュー前に活動していたグループDestiny's Childのツアー・アクトを担当するほどの実力派で、もし彼らのアルバム『One Voice』が正式にリリースされていれば、R&B史にその名を残したであろう、知る人ぞ知る隠れた名R&Bグループ。


このブルーバックにシルエットの4人が写るアートワークが、正規リリースされることなくお蔵入りとなってしまったSygnatureのデビュー・アルバム。


では何故この謎のグループが、Destiny's Childの活動をサポート出来たかのか?



Beyonceの父がSygnatureをマネージメント


SygnatureがDestiny's Childのツアー・アクトを行うことが出来たのは、Beyonceの実父としてお馴染みのMathew Knowlesが彼らのマネージメントを行なっていた為。


Destiny's Childと同じ[Sony Music]傘下の[Colombia Records]から、Sygnatureのデビュー・アルバム『One Voice』はCDまでパッケージ化され、2000年にリリースさせる予定だったものの、完成していたアルバムはあえなくお蔵入り。


ちなみに、Beyonce, Maxwell, Eric Benet, Faith Evans, Kenny Lattimoreなどなど、錚々たるメンバーが集った'99年リリースのサウンドトラック『The Best Man』に、Sygnatureが歌うスロウ・ジャム"Wherever You Go"が収録。


Mathew Knowlesがサポートした「歌えるグループ」だっただけに、アルバムの発売中止は非常に残念な結果だったものの、2013年に彼らの『One Voice』が突如デジタルで音源が解禁され、幻と化したSygnatureの音源が遂に入手可能に。


Wherever You Go

Sygnature



メンバーの姿が明らかに


Sygnatureのメンバーは以下の4人。


・Hayden Hajdu

・Paul Lombardo

・Patrick Scaglione

・Dominic Scaglione, Jr.


ブルーバックのアートワークでは正体不明の4人でしたが、2013年にデジタルで解禁された『One Voice』はアートワークが新装され、メンバーの姿が明らかに。


Sygnature

One Voice

熱狂的なR&Bファン達をざわつかせた、雨音で始まるSygnature唯一のシングル"The Rain"も収録され、またクレジットこそされていないものの、Beyonceがボーカルで参加したキャッチーなミドル・トラック"Dance With Me"、美しいハーモニーを聴かせる絶品スロウ"Good Love"など、珠玉のR&Bが全10曲収録。


Chris Brown, Raphael Saadiq, Whitney Houstonらの楽曲を手がけてきたCharlie Berealが、アルバム収録曲の大半をプロデュース。


ちなみに、2000年当時にリリースが予定されていた初期の『One Voice』のトラックリストは全15曲で、2013年版『One Voice』に収録されなかった残りの5曲は、5年後の2018年EP『Sygnature』としてリリースされています。


Sygnature

Sygnature



Comments


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page