top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Minnie Riperton▶︎▶︎美しい夫婦愛が生んだ永遠のラブ・ソング。"Lovin' You"をカバー/サンプリングするアーティスト達。


minnie riperton loving you sample サンプリング カバー
'70年代に生まれた永遠のラブ・ソング"Lovin' You"

「永遠のラブ・ソング」

「最高の目覚めを約束してくれる曲」

「ホイッスル・ボイスの元祖」


いくらでも肩書きが出てきそうな"Lovin' You"は、'70年代に活躍した米イリノイ州シカゴ出身のMinnie Ripertonが'74年に発表したシングル。


Minnie Riperton

Lovin' You

5オクターブの声域を持つことから「天使の歌声」と呼ばれたMinnie Ripertonが歌う"Lovin' You"は、「あなたを愛することは簡単よ。だってあなたは素敵な人だから」と、愛しい人(夫)へ一途な気持ちを歌ったラブ・ソングで、Minnie Ripertonのキャリアで唯一となる全米シングル・チャート1位を達成し、"Lovin' You"を収録したアルバム『Perfect Angel』も全米アルバム・チャート最高4位と大健闘。


この曲のソングライトを担当したのは、Minnie Riperton本人と、彼女の夫である作曲家/作詞家のRichard Rudolphの2人で、両者がシカゴに住んでいた'71年頃からこの曲の制作をスタートさせ、その後[Epic Records]から契約のオファーを受けたMinnie Ripertonは米ロサンゼルスへ移住し、同レーベルから'74年に『Perfect Angel』をリリースしたという流れ。


この時、「『Perfect Angel』のプロデューサーを誰にしたいか?」と尋ねられたMinnie Ripertonは、その人物を「Stevie Wonder」と答え、Stevie WonderもMinnie Ripertonのファンだったことから同意し、"Lovin' You"のプロデュースを担当したStevie Wonder。


しかし、当時Stevie Wonderは[Epic Records]のライバル・レーベル[Motown Records]と契約していた為、Stevie Wonderは自身が牡牛座生まれという理由から、スペイン語で「黒い雄牛」を意味する「El Toro Negro」という偽名で『Perfect Angel』の制作に参加。


また、"Lovin' You"のプロデューサー・クレジットは「SCORBU Productions」となっており、これはStevie WonderとRichard Rudolphの2人が、このプロジェクトの為に特別に立ち上げられた音楽制作会社。

結果的に、Minnie Ripertonはこの曲を発表した5年後の'79年に、乳癌が原因で31歳という若さでこの世を去ることになってしまいますが、美しい夫婦愛があったからこそ生まれた"Lovin' You"は、その魅力が失われることは永遠に無い、究極のラブ・ソングの1つですね。


今回は、Minnie Ripertonと夫Richard Rudolphが生んだ、"Lovin' You"のカバー/サンプリング曲をセレクトしました。

 

1. Shanice

Lovin' You


2. Sparkle

Lovin' You


3. Massivo

Loving You feat. Tracy



4. T'Melle

Loving You


5. Tank

Make Me Wanna Sing feat. Sparkle


6. Penelope Jones

No Matter What They Say feat. Mya

サンプリングの関連記事



P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page