top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

H.E.R.▶︎▶︎「傷つけないって誓ってよ」'80年代の名曲をサンプリングした"Damage"。傷つく覚悟で愛を求める切ないラヴ・ソング。


傷つけないって誓ってよ

「ちゃんと理解したなら、質問は必要ないわよね。


推測の余地だってないはずよ、それはただの同情でしょ。


あなたに私の欠点をさらけ出して、ありのままの私でいたら、私のことに興味もなくなるでしょ?


でも、私に価値を感じるなら、ちゃんと向き合ってよ。そうしたら正直になれる。


もっとこっちに来て、言葉なんていらないわ。


私を傷つけないって誓ってよ。


強く抱きしめて、私のことを正しく愛して。


あなたなら、一晩中ウソを言って、私を泣かせて、時間を無駄にさせるかもしれない。


だから、ただ気をつけてほしいだけ。あなたが当たり前だって思っていることに。


私を悩ませるのは、あなただから」


全米シングル・チャート最高70位を記録したH.E.R.が歌う"Damage"。


女性が自分の弱さをさらけ出し、傷付くことを覚悟で愛を求める切ないラヴ・ソングです。


H.E.R.

Damage

'80年代の大名曲"Making Love in the Rain"をサンプリングした"Damage"

第62回グラミー賞にて「Best R&B Performance」「Best R&B Album」の2部門を受賞したH.E.R.が歌う今回の"Damage"は、トランペット奏者Herb Alpertが'87年に発表したシングル"Making Love in the Rain"をサンプリングした楽曲となりました。


Janet JacksonとLisa Keithの2人の歌姫がヴォーカルを担当し、Jam & Lewisがプロデュースを担当した'80年代の大名曲として知られ、全米シングル・チャート最高35位を記録。


Jam & Lewisらしい哀愁感を漂わせたセンチメンタルなメロディが印象的なスロウ・バラードですが、「雨は恋の時間、1滴1滴の雨粒はまるであなたのよう」と、こちらはロマンティックな内容を歌うラヴ・ソングでした。


Herb Alpert

Making Love in the Rain feat. Janet Jackson, Lisa Keith

大物ヒップホップ・アーティストの楽曲を手がけるCardiakがプロデュース

今回の"Damage"をプロデュースするのは、これまでに数々のヒップホップ・アーティストの楽曲を手がけてきたプロデューサーCardiak。


Cardiakは、第55回グラミー賞「Best Rap Album」にノミネートされたRick Rossのアルバム『God Forgives, I Don't』収録曲"Diced Pineapples feat. Drake, Wale"を手がけた人物で、Trey Songz"Do It Now"、Jeremih"Worthy feat. Jhené Aiko"など、R&Bシンガー達の楽曲も数多く手がけています。


Trey Songz

Do It Now

Justin CredibleによるRemixも登場

そして"Damage"のリミックス・ヴァージョンもいよいよ登場。


リミックスを手がけるのは、プロデューサー・チームL.A. Leakersのメンバーとしても知られ、DaniLeighとChris Brownの共演曲"Easy"のリミックスも担当したJustin Credible。


DJとしても活動するJustin Credibleらしい、厚いビートを加えたフロア仕様のリミックスとなりました。


H.E.R.

Damage (Justin Credible Remix)


Kommentit


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page