top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

Brandy▶︎▶︎"Baby Mama"はただのシングル・マザー応援歌ではない?ブランディがある人物に捧げた曲だった。


Chance the Rapperを迎えたBrandyの新たなクラシック"Baby Mama"

Brandyの通算7枚目のスタジオ・アルバム『B7』からの先行シングルとなった"Baby Mama"は、ラッパーChance the Rapperとの共演で話題となった楽曲。


冒頭のゴージャスなホーンが印象的な今回の"Baby Mama"を手がけるのは、第55回グラミー賞「Best Rap Song」を受賞した、Kanye WestとJay-Zのコラボレーション曲"Niggas in Paris"をプロデュースしたHit-Boy。


"I Wanna Be Down"、"The Boys Is Mine"、"What About Us?"など、過去の名曲と並ぶBrandyの新たなクラシック誕生を予感させる1曲となりました。


公開されたMVは、'69年のミュージカル映画「Sweet Charity」にインスパイアされた演出のようですよ。


Brandy

Baby Mama feat. Chance the Rapper



"Baby Mama"は実娘Sy'raiに捧げた楽曲

今回の"Baby Mama"は2020年5月1日にリリースされた楽曲で、この曲は母の日(2020年5月10日)に向けてリリースされた楽曲でもありました。


そんな"Baby Mama"のシングルのアートワークに描かれているのは、Brandy, 共演者のChance the Rapper, そしてBrandyの実娘のSy'Rai。

Sy'Raiは、Brandyの楽曲を手がけたことでも知られる音楽プロデューサーBig Bertと、Brandyの間に生まれた子供で、当初BrandyはBig Bertと結婚したと発表していましたが、実はBig Bertとは結婚はしていないと後にTV番組で告白。


"Baby Mama"という言葉の意味は、「結婚していない男性の子供を産んだ女性」という意味合い、つまり「未婚の母」「シングル・マザー」を指す言葉。


シングル・マザーとしてSy'Raiを育ててきたBrandyは、今回の"Baby Mama"に関して「Rolling Stone」の記事に母になり、娘の世話を出来たことに本当に感謝していると語っており、広義な意味では世界中のシングル・マザーを応援する曲であることは間違いありませんが、Brandy自身はこの曲を最愛の娘Sy'raiに捧げた1曲として捉えられそうですね。


Brandyの娘ということで何かと注目を集めがちなSy'raiですが、2020年4月にAaliyahのリメイク曲"At Your Best"でソロ・デビューし、母Brandyと同じアーティストの道を志しています。


Sy'rai

At Your Best


BrandyとSy'Raiの関連記事


Comments


P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page