西海岸の新R&BクイーンChina Marieが、EP『Made In China』をリリース。

RECOMMEND

彼女はTinashe!?
ダンサー必見!! 踊れる洋楽特集!!
期待のアジア人シンガーによる極上スロウ!!
Show More

Too $hortが絶賛した西海岸の新R&BクイーンChina Marieが、EP『Made In China』をリリース。

October 21, 2018

Too $hortがその才能を認め、Jake & Papa、Ray Jらとのコラボも実現した新鋭China Marie。「夢を実現する力」をエネルギー源とし、猪突猛進してチャンスを掴んだ泥臭さも魅力的です。

 

スポンサーリンク 

米カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点とするChina Marieが、EP『Made In China』をリリース。

 

China Marieは、米オレゴン州ポートランド出身。8歳の頃から音楽を嗜み、アーティストとしての成功を掴むために現在の拠点となるロサンゼルスへと活動の拠点を移しました。幼少期に母親が家でよく聴いていたというネオ・ソウルが自身のインスパイア源のようで、最も強い影響を受けたアーティストがJill Scottだそうです。

 

昨年の'17年には待望のデビュー・アルバム『Potpourri』をリリース。Too $hortがアルバムの制作チームの指揮を取り、ゲストにRay J、Jake & Papaが参加するという豪華っぷり。アルバムからは"Awesome""Feelin""Is It Possible"、そしてRay J参加の"Policy"のMVが公開されました。

 

本EPは、『Potpourri』以来となるChina Marieの最新作。'90年代を思わせるスムース&メロウなテイストをベースとした内容で、"Wait"、"Take You There"辺りはR&Bビギナーも聴きやすいオススメ・トラック。EPからは新たなウェスト・コースト・アンセムとなりそうな"Money Moves"のMVが公開。

 

夢を掴むためにロサンゼルスへ出向いたChina Marieでしたが、当初は音楽業界へのコネクションが無く、アパートを借りる資金が貯まるまで3週間を車で寝泊まりしていた時期もあったなど、自ら退路を断つ覚悟で作り込む作風には自身が満ち溢れています。

☑️関連記事

▶︎China MarieのEP『Made In China Ⅱ』に、あのR&Bクラシックをサンプリングした1曲が収録!

あの超人気ユニットの大人気スロウを大胆にサンプリング!これは大注目です! 

Please reload

Please reload

安室奈美恵、Red Velvetらの曲を手がけるUK R&BシンガーCharli Taftが、シングル"Like Me"をリリース。得意の'90年代テイストの上質なスウィートR&B。

November 14, 2019

Jay-Zが認めたR&BシンガーRazahが、シングル"Say It"をリリース。LL Cool J"Paradise"サンプリングのメロウR&B。

November 6, 2019

Pink Sweat$とCrushが、シングル"I Wanna Be Yours"をリリース。世界を沸かせる米韓コラボ曲の傑作が完成。

November 5, 2019

1/1
Please reload

Please reload