新人Ayanisが、デビューEP『Direction』をリリース。Next“Too Close“ネタの“Wait A Minute“収録。

RECOMMEND

思わずうっとり!! 冬に聴きたい洋楽特集!!
Tevin Campbell"Can We Talk"サンプリング!!
Stevie Hoangの新作完成!!
Show More

名門レーベル所属の新人Ayanisが、デビューEP『Direction』をリリース。Next"Too Close"ネタの"Wait A Minute"収録。

November 22, 2018

幼少期からの夢を追い続けて、実力1つでチャンスを掴んだAyanis。待望のデビューEPは、渾身のナンバーがラインナップ。

 

スポンサーリンク 

[Island Prolific / Atlantic Records]と契約を結んだAyanisが、デビューEP『Direction』をリリースした。

 

米ジョージア州アトランタ出身のAyanisは、幼少期に教会の合唱団でゴスペルを歌ったことがきっかけでアーティストの道を志した。Ayanisはジョージア州立大学でPRとジャーナリズムを学び、InstagramがきっかけでAugust AlsinaやVedoの楽曲を手がけてきたプロデューサーMello The Producerと繋がる。勢いそのままに、'17年に[Atlantic Records]の副社長Chris Jonesとリンクし、この出会いをきっかけに夢の実現へ向け大学を中退。Chris Jonesを通じて[Atlantic Records]のCEO、Craig Kallmanとの面会も実現し、'17年に[Island Prolific / Atlantic Records]と契約。幼少期から描いていた夢を着々と形にしていった。

 

デビュー・シングルは今年の'18年5月に発表された"F.I.Y.T."で、トラップ風のセカンド・シングル"Awh Yeh"を10月に発表。本EPには、既発のシングル曲を含む全6曲が収録された内容となった。

 

一押しは、俳優としても活動するシンガー/ソングライターMack WildsもMVに出演する"Wait A Minute"。こちらはR&BグループNextのスムース・トラック"Too Close"のメロディ・パートをサンプリングしたナンバー。ガーリーなテイストが引き立つキャッチーなフロア向けトラック"Me Too"も人気が集中しそうな予感。

☑️関連記事

▶︎こちらも名門レーベルからリリースされた中毒性のあるナンバー!

インスタ映えしそうなガーリーなMVも必見!

Please reload

Please reload

Destiny's Childの前身グループGirls Tymeのアルバム『Destiny's Child: The Untold Story Presents Girls Tyme』がリリース。New Jack Swingを中心とした未発表曲集。

December 1, 2019

ロンドンのニューカマーD.C.R.が、'90年代R&B風のスウィング・ビート"Old Skool"をリリース。

November 30, 2019

Montell Jordanが、先行シングル"When I'm Around You"を収録したアルバム『Masterpeace』をリリース。『Let It Rain』以来となる11年振りの新作で、R&Bシーンに堂々のカムバック。

November 29, 2019

1/1
Please reload

Please reload

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

 © 2019 rnbsource.com All Rights Reserved.