• R&B SOURCE編集部

Usher▶︎▶︎「浮気相手が妊娠した」"Confessions, Pt. II"は、アッシャーの実話だった。


"Confessions, Pt. II"は、Usherの実話だった

「これから大事なことを言うから。


そう思えた時に、向こうから『出来ちゃった』と言われたよ。


今までの人生で一番辛いことだから、お前に何て言えばいいのか。


浮気相手は、俺の子供を産みたいらしい。


お前の顔が浮かんだ時に、この話はデタラメで『本当に俺の子か?』と疑ったよ。


あんなことをしなけりゃよかったって、後悔したよ。


浮気相手に子供が出来るなんて予想外だし、こんなことでお前との関係がダメになるなんて考えてもみなかった」


本命の彼女に気持ちを伝えようとしたその時、肉体関係を持った浮気相手が自分の子供を妊娠したことが発覚。


そんな内容をUsherが歌う"Confessions, Pt. II"は曲中においてのフィクションではなくUsherの実話とのこと。


あの曲は俺の実話だよ


Usher (アッシャー)

Confessions, Pt. II

当時の本命の彼女はChilli?

タイトル名"Confessions(自白)"通り、Usherが実話を隠すことなく歌った"Confessions, Pt. II"。


普通は隠すようなことだけど、真実だから隠す必要はない。


真実のみが本当の自由を与えてくれるものだと信じているし、思い切って真実を話した方が新たに前進してやり直すことに繋がるし、本当の自分に戻れる。


俺の音楽は日記のようなもので、日記を書くように曲を書くんだ


Bryan Michael CoxとJermiane Dupriのタッグが手がけた"Confessions, Pt. II"は、Usher最大のヒットを記録した2004年のアルバム『Confessions』に収録されたシングル曲で、全米シングル・チャート1位を記録。


2000年前半、UsherはTLCのChilliと交際していましたが、曲中の本命の彼女はChilliではないとのこと。


ちなみに、妊娠した浮気相手は結局Usherの子供は産まなかったそうです。


Usher

Confessions



関連記事

「Tevin Campbellの"Can We Talk"は俺が歌う曲だった」Usherが衝撃の告白。

「俺は彼女の歌声のファン」UsherとElla Maiのコラボ曲"Don't Waste My Time"。MVには豪華面子も登場。

実は浮気ソングだった?Nelly"Dilemma"を流す際はご用心。

▶︎TOPICS

1
2

▶︎R&B

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

About         Privacy Policy

 © 2021 rnbsource.com All Rights Reserved.

人生を変える1曲を届けたい