• R&B SOURCE編集部

Tyrese▶︎▶︎「バラッディア」と呼ばれることを嫌がっていたタイリース。

最終更新: 3月1日


スロウ・ ジャムで売れっ子になったTyrese

持ち前の端正なルックスを活かし、役者としても大活躍するR&BシンガーTyrese(タイリース)。


関連記事: 映画俳優としても活躍するR&Bアーティスト達。


役者として成功した後もシンガーとしての活動を続けていますが、そんな彼の代表曲と言えば、全米シングル・チャート最高13位を記録した"Sweet Lady"や、同チャートで最高7位を記録した"How You Gonna Act Like That"といった、スロウ・ジャムを真っ先に思い浮かべてしまいます。


惚れ惚れとする美しいボディを持つ肉体派Tyreseが歌うセクシーなR&Bスロウこそ、Tyreseの真骨頂といった感じですが、本人はスロウ・ジャムの歌い手、つまり「バラッディア」と呼ばれることを嫌っていたとのこと。


『Tyreseはバラッディア』と決めつけられるのは困る


Tyrese

Sweet Lady

produced by The Characters

関連記事: Tyreseの"Sweet Lady"は、実はCarl Thomasが書いた曲だった。でもクレジットに彼の名前はない...ナゼ?

俺にはアップテンポのヒット曲もある

Tyreseは、過去のインタビューにて以下のように答えています。


俺にはアップテンポのヒット曲もあるし、スロウな曲でビッグになったとしても『Tyreseはバラッディア』と決めつけられるのは困る。


たまたまスロウな曲がヒットしてしまったせいで、そういうカテゴリーに入れられてしまった感じだ。


バラッディアと呼ばれるのは構わないし、コンサートでスロウを歌うのは好きだけど、自分が表現したい内容が必ずスロウな曲と合うわけではないのも事実。


俺はステージで汗をかきたいし、かかせたい。スロウ・ジャムだったら踊り狂うわけにはいかないだろ?


俺のコンサートには女性だけじゃなく、男性も沢山来るんだ


'98年にアルバム『Tyrese』でデビューし、同アルバムに収録されたスロウ"Sweet Lady"の際立ったヒット、そしてシングルカットされた同じくスロウ"Lately"などの影響もあり、「TyreseはセクシーなR&Bスロウの歌い手」というイメージが色濃くなってしまったのは事実。


セカンド・アルバム『2000 Watts』ではアップ・ナンバーを多めに収録し、バラッディアとしてのイメージを払拭。


同アルバムからは、The Underdogsが手がけたクラブ・チューン"I Like Them Girls"が全米シングル・チャート最高41位を記録しました。


Tyrese

I Like Them Girls



関連記事

"At Your Best"ではなく、アイズレーの別の曲が好きだったAaliyah。

Joeの名曲"More & More"。元々はR. Kellyが歌っていた曲だった。

2Pacと共演した伊達男Jon B.。"Are U Still Down?"は、何故2Pacの生前にリリース出来なかったのか?

▶︎TOPICS

1
2

▶︎R&B

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

About         Privacy Policy

 © 2021 rnbsource.com All Rights Reserved.

人生を変える1曲を届けたい