• R&B SOURCE編集部

Troy Taylor▶︎▶︎「R&Bは死んでいない」ヴェテラン・プロデューサーが作り続ける、時代に左右されない正統派R&B。

最終更新: 3日前


ヴェテラン・プロデューサーが作り続ける正統派R&B

トレンドの変化と共に、何かと議題に上がりがちな「R&Bはもう死んでいる」という議論に、Troy Taylorは「DJBooth」のインタビューで以下のように答えています。


ポップ・アーティスト達がR&Bを取り入れているし、歌いたがっている。Ariana Grandeや他のアーティストもそう。


彼らはポップスではなくR&B寄りの育ちで、R&Bをとても大切にしている。


だからR&Bは死んでいない


元々はアーティストとして活動し、後にプロデューサーへと転向したTroy Taylorは、'90年代にプロデューサー・チームThe Charactersのメンバーとして活動。


Aretha Franklin, Whitney Houston, Babyface, Jon B., Brownstone, Johnny Gill, Brian McKnightなど、大物アーティスト達の楽曲をヒットへと導いたヴェテラン・プロデューサー。


また、Trey Songzのメンターとしても知られ、Troy Taylorが「Trey Songz」と名付けたのも有名なエピソードですね。


関連記事: 「Trey Songz」というアーティスト名、実は最初は誰も気に入っていなかった?


音楽制作を30年以上続けている大ヴェテランですが、現在のストリーミング主体のシーンにおいて、総じて曲の長さが短くなっている傾向に対しても[Motown Records]全盛期の頃、そしてThe Beatlesの時代に戻らなくてはいけない。例えばThe Temptations"My Girl"、The Beatles"Yesterday"などは3分に満たないとても短い曲だった。だから今の状況は全然奇妙なことではない。これが'60年代のやり方で、時代がただ繰り返されているだけと、答弁は常に前向き。


そんなTroy Taylorは、コード、アレンジ、ハーモニーを重視した正統派のR&Bを、時代のトレンドに左右されず作り続けています。


今回は、Troy Taylorが2010年以降に手がけた極上のR&Bをピックアップしてみました。


1. Bluff City (ブラフ・シティ)

Let Me Show You (2018)

2. Jacquees (ジャックイース)

Good Lovin (2019)

関連記事: これが「R&Bキング」の裏付け。極上R&Bを量産するJacquees, 推し曲を絞ってもこの多さ。

3. Dru Hill (ドゥルー・ヒル)

What You Need (2020)

4. Tamar Braxton (テイマー・ブラクストン)

Pick Me Up (2017)

関連記事: ディスコ・クラシック。Evelyn "Champagne" Kingの傑作"Love Come Down"をサンプリングするアーティスト達。

5. K. Michelle (K. ミシェル)

Can't Raise a Man (2013)

6. Kevin "Chocolate Droppa" Hart

Push It On Me feat. Trey Songz (2016)

✔︎Carl Thomas - I Wish サンプリング

関連記事: 名曲の宝庫。2000年代のR&Bをサンプリングした洋楽R&B特集。

7. Devon Culture (デヴォン・カルチャー)

That Ass (2019)

関連記事: Tory Taylorが認めた才能。Devon Cultureは「第2のTrey Songz」になれるか?

8. Trey Songz (トレイ・ソングス)

Circle (2020)

9. Kevin Ross (ケヴィン・ロス)

Long Song Away (2017)

関連記事: 「現代のMarvin Gaye」と称される、天才すぎた孤高のソウル・シンガーKevin Ross。

10. Lil Duval, Jacquees, Tank

Nasty (2020)

11. Star Cast (スター・キャスト)

Come And Talk To Me

関連記事: 「こっちに来て俺と話そう」Jodeciの傑作"Come & Talk To Me"のサンプリング/カバー曲特集。

12. Koryn Hawthorne (コリン・ホーソーン)

Speak To Me (2020)

13. YK Osiris

Sexual (2019)

14. Maurice Moore (モーリス・ムーア)

Waste Man (2017)

関連記事: カナダ出身のMaurice Mooreは「メロウ&ロマンティック」が真骨頂。カナダのR&Bシーンは[OVO]だけじゃありません。

15. Bryson Tiller (ブライソン・ティラー)

Love Faces (2020)



関連記事

「R&Bはもっとシルキーだった」ヒットメイカーEric Bellingerが語る、R&Bに対する危機感とは?

「R&Bのキングは俺だ」Jacqueesの発言に非難殺到。

Mary J. Bligeがこだわる「組む条件」は、音楽的に○○しているか。

▶︎TOPICS

1
2

▶︎R&B

r&b SOUrCE

音源・情報提供(プレスリリース)はこちらまで

rnbsource@gmail.com

About         Privacy Policy

 © 2021 rnbsource.com All Rights Reserved.

人生を変える1曲を届けたい