top of page
  • 執筆者の写真R&B SOURCE編集部

R. Kelly▶︎▶︎歌手ではなくプロのバスケ選手を目指していた。果たしてその実力は?


r kelly バスケ
プロのバスケ選手を目指していたR. Kelly

「神様」と讃えられたバスケットボール史上最高の選手Michael Jordanが在籍していたNBAのChicago Bulls。


そんなChicago Bullsが本拠地を構える米イリノイ州シカゴ出身のR. Kellyは、学生の頃は音楽家ではなくプロのバスケットボール選手に本気でなろうと思っていたくらい、バスケットボールのスキルにかなりの自信を持っていたとのこと。


R. Kellyの身長は185cm。


プロ・バスケットボール選手の体格としてはやや小柄ですが、それでも十分にプロとしてやっていける背丈。


そんなR. Kellyのバスケットボール・スキルがおさめられた映像が残っていないかと探していたら、ありました。

左に鋭いドライブを決めるR. Kelly

若かりし頃のR. Kellyが、バスケットボールをプレイしている動画自体がオンライン上でほとんど見かけない中、R. Kellyが'94年に発表したシングル"Summer Bunnies"のMVに、R. Kellyのプレイが映っていました。


この曲は、全米シングル・チャート最高55位を記録し、デビューしたばかりのAaliyahがバック・ボーカルで参加したことでも話題となった1曲。


この曲のMVの冒頭に、ほんの数秒ですがR. Kellyが左サイドに鋭いドライブを決めて得点するシーンが映っており、この切れ味鋭いドライブを見るだけで、R. Kellyのバスケットボールの実力は相当のものだったと伺えますね。


ちなみに、この時のR. Kellyの年齢は20代後半でした。



R. Kellyは、Michael Jordanに1オン1の勝負を挑んでいた

ちなみに、R. Kellyはシカゴの街で偶然出会ったMichael Jordanに1オン1を申し出たことがあったそうで、R. Kellyはかなり自信満々で挑んだそうですが、Michael Jordanが30ゴール以上決めた中、R. Kellyは僅か1ゴールしか奪えなかったそうです。


それでもあのMichael Jordan相手に1ゴールでもスコア出来たことは凄いことですよね。

偶然出会ったMichael JordanとバスケットボールをプレイしたR. Kellyでしたが、この時にMichael JordanはR. Kellyにある話を持ちかけたとのこと。


それが、Michael Jordan主演のバスケットボール映画「Space Jam」のサウンドトラックへの楽曲提供の誘いで、このオファーを受けて完成した楽曲が、あの"I Belive I Can Fly"でした。



I Believe I Can Fly

R. Kelly

"I Believe I Can Fly"はグラミー賞で3部門を受賞するという快挙を達成し、R. Kellyの代表曲の1つとして今なお多くのファンに愛されている'90年代R&Bクラシック。


この"I Believe I Can Fly"がまだ曲名も歌詞も決まっていない時、ツアー先のホテルのロビーに置いてあったピアノでこの完成前の"I Believe I Can Fly"を演奏していると、そこに現れたのがたまたまツアーで同じ滞在先に泊まっていたラッパーのThe Notorious B.I.G.。


「今の曲はなんだ?もう一度聴かせてくれ」とR. Kellyに頼んだThe Notorious B.I.G.は、完成前の"I Believe I Can Fly"を聴き、感動のあまりに涙した、なんていうエピソードも。


バスケットボールの関連記事




タグ:

P O P U L A R
人気記事

W H A T' S  N E W
新着記事

bottom of page